<< 沖縄の振興を考える保守系市長の会 | main | 東陽バス730車の勇姿 >>

青年芸能フェスタin南城

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    沖縄は北風が吹くようになり、ようやく秋の気配です。

    昨日、玉城のグスクロード公園で開催された「青年芸能フェスタin南城」に、夕方から出かけました。



    この催しは、お昼過ぎから獅子舞や棒術など、南城市の伝統芸能が披露され、夕方からフィナーレまでがエイサーの時間。南城市の各集落のエイサーが集まります。


    グスクロード公園は、玉城グスクと糸数グスクを結ぶ「グスクロード」に面した広い公園で、休日に家族でお弁当を持って出かけるような場所です。

    こちらが今日のメイン会場。お客さんの集まり具合はまずまずです。私の背後には屋台が並んでいます。




    私はこのところ、南城市内をウロウロすることが増えてますので、エイサーが出てくると、その集落を思い浮かべることができます。

    こちらは船越青年会。



    先日、私の勘違いで観ることができなかった大城青年会も出場してました。




    それぞれの集落には、それぞれの品格があり、いつまでも歩いていたい集落があれば、こう言っちゃあナンですが、「じゃあ、このへんで(^-^)/。」って集落もあります。

    具体的には、集落における御嶽の位置付けだとか、村獅子の配置。石畳道の有無。民家の石垣の保存状態など。そうした要素が総合された「たたずまい」が、その集落の品格を表していると思います。

    まあ、つまり、私は集落の品格が高いほど、エイサーの演武が上等であるという結論に向かっているわけです。

    本当に余計なお世話ですみません。


    この日のように、各集落のエイサーが集まる形式は、演武の比較ができるので、たいへん結構です。

    そして私は、「よし。来年の盆はこの集落に行って、道じゅねーをみよう。」と決心したのでした。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM