<< 青年芸能フェスタin南城 | main | 南城市佐敷津波古の喜屋武久殿(1) 北山王の子孫 >>

東陽バス730車の勇姿

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    暦の上ではシルバーウィークですが、某青果店は日曜日以外休みません(笑)。

    保育園はすべてお休みですから、仕入れも配達も無し。つまり、私には仕事が無い。

    仕事が無いのに、何とか仕事をしようとするのは「余計なこと」をやってるに過ぎず、それはお店のためにも世の中のためにもなりません。


    10時過ぎに仕事をやめて帰りました。5時間も余計なことをやってしまい、たいへん申し訳ない。

    10時半に自宅で、朝食のような昼食のようなものを食べ、ビールのレギュラー缶を一本飲むと、たちまち気絶。なんて扱いやすい男なんでしょう(笑)。


    で、意識が回復したのが14時頃。夕方まで時間があります。

    マップのブックマークを眺め、

    「よし、行くぞ!!」

    と思った先が東陽バスの馬天営業所。このバスに会いに来ました。



    東陽バス191系統、南城市佐敷の馬天営業所から浦添市城間までを往復しています。


    このバスの登録年月日は、1978年7月29日。沖縄の道路が左側通行に変わった730(ななさんまる)の前日です。

    左側通行になると、運転席は右に、乗車口は左に変わりますよね。沖縄の各バス会社は合計千台を超える新車をど〜んと買い揃え、7月30日を迎えたのです。その千台のうち、このバスと沖縄バスの1台が今も現役です。

    730から40年近く、このバスは沖縄の道を走り続けてきました。走行距離は百万キロをとっくに超え、地球を何周どころか、月への2往復目の帰路だとか。

    オジぃとなった今は馬天営業所で予備車として待機し、日曜日だけ運行しています。


    今日は祝日のため運行したとのことで、運転手さんが終業の点検中でした。



    C「運転のしやすいバスですか?」

    運転手「いやぁ〜、それはちょっと。」

    C「パワーが無い。」

    運「そうだねぇ。エアコンがやっと効いてるからなんとかね。」

    このバスの運行ルートを思い浮かべてみて、上間交差点から那覇ICに向かう、あの坂道を登ることに気付きました。



    C「あの坂を登るんだから、まだまだいけますね。」

    運「まあ、そうだねぇ。」

    運転手さんの言葉の端々に「できることなら、こいつには乗りたくない。」という気持ちが(笑)。

    C「沖縄で一番人気のあるバスだから。」

    運「みんな写真を撮ってくれるから、そこは嬉しいねぇ。だけどねぇ。」

    C「(笑)」




    このバスは6、7年前に、日野自動車と東陽バス整備部門が、完全オーバーホールしています。あと10年くらいは余裕で走れるでしょう。




    ところで私は、広島県呉市で戸籍に登録されて57年が経ちました。いまだに現役で日曜日以外は毎日働いております。

    これもまた、立派なものだと言えましょう(笑)。


    コメント
    これは有名なバスですね。
    15年位前までは、こんな古いバスが沢山見られましたね。
    東京では左ハンドルの観光バスが走ってますよ。
    沖縄の左ハンドルのバスを残しておいて欲しかったですね。
    左折巻き込み事故防止には効果がありますが、ドアが逆じゃしょうがないw
    • 阪神
    • 2015/09/22 12:17 AM
    阪神さん

    東陽バスは20年以上、新車を買ってないそうです。その代わりに、全国のバス会社から、程度の良い日野の中古車を買うことにしたんですね。それで、車両の更新(と言って良いのか?)が進みました(笑)。

    東陽バスが持つ独特の「懐かしい感じ」は、そんなことが理由のようです。

    琉球バスがJAL、沖縄バスがANAならば、東陽バスは東亜国内航空ですかね(笑)。
    • coralway
    • 2015/09/22 2:20 AM
     東洋バスといえば、ウドゥグァーサンラ―(小渡三郎)が創業した会社ですね。私は東洋バスは2回しか乗った事ないです。最初はs40年・高一の時、クラスのピクニックで大里公園に行った時、コザ十字路から与那原辺りまで乗りました。その時三人で裏通りから入ろうとして、腹巻したアンちゃんにカツ上げ食った事も覚えてます。と言っても数十セントですが。

     7.30はまだ記憶に新しいです。私は臆病だからその日は車に載らなかったです。翌日はバスの接触事故の報道が盛んでした。
    キー坊さん

    東陽バスは嘉手納の方には馴染みが薄いんでしょうね。

    小渡三郎さんをwikで見れば、衆議院議員時代の秘書が翁長政俊さんと桑江朝千夫さん。

    変なところで感心しました(笑)。

    • coralway
    • 2015/09/22 10:03 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM