<< 農連市場惣菜通りの様子(1) ヨシエとトモコ | main | 会話の途中で「ふんふん」言う子(笑) >>

農連市場惣菜通りの様子(2) 寂しい惣菜通り

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    豆腐屋のヨシエさん達が移動した場所がここです。



    ここは農連市場で一番広いホールでした。

    朝のラジオ体操の場所であり、ゆくいどぅくる(休憩場所)もありました。

    映画「涙そうそう」では、妻夫木聡君がホールをバイクで走り、大城美佐子さんの「ナークニー」が泣かせました。

    「ちゅらさん」で、田中好子さんが野菜を売ってたのもこのホールです。


    そのホールの通路右側がパーティションで区切られ、惣菜通りの惣菜屋や、ガーブ川の向こうの店舗が入りました。また、通路左側は不用品などを整理して場所を空け、ヨシエさん達が移りました。

    つまり、再開発の準備で、なるべく店舗を集め、空き家(地)を増やしているのです。


    惣菜屋が減った通りは、もはや惣菜通りとは呼べなくなりました。

    蒲鉾屋のトモコオバぁは元の場所で頑張っていますが、周りから人がいなくなり、喧嘩相手のヨシエさんもいません。

    何十年も、そこを見れば必ずあった顔が見えなくなって、猫にエサをやるだのやらんだのって話も無くなりました。


    トモコオバぁは「あんな顔、見なくて済むからセイセイしたさ」などと言うてましたが、心の底からそう思っているのか?

    違うでしょうねぇ、それは。


    コメント
    今日の沖縄タイムスにも解体のことが記事になっていました。(記事にある完成イメージが普通のショッピングセンターすぎて、まだしっくり来ないのですが・・・。)
    http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=140989

    来月伺います。

    風景は変わってしまっていても、農連市場の皆さんはいてくださるから・・・。

    会いに行きますね。
    • やまねこ
    • 2015/11/11 12:48 PM
    沖縄タイムス、載ってましたね。

    真ん中の茶色のかりゆしを着ている人が、某青果店のお父さんです。

    築60年以上経っている市場ですから、いつかは再開発は必要です。ところが、新築の建物は賃料が変わります。

    その賃料が払えるかどうか。なんとか払って商売を続ける気力があるかどうか。私の予想ですが、かなりの人が廃業するのではないかと思います。

    建物が変わっても、顔なじみが揃っていれば、そこは農連市場。仮に半数以上が知らない顔になるのなら、いっそのこと、市場の名前も変えてくれと思いますよ。
    • coralway
    • 2015/11/11 1:35 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM