<< 儀保交差点から太平橋(1) 儀保御待所 | main | 儀保交差点から太平橋(3) 儀保大阿母志良礼 >>

儀保交差点から太平橋(2) 儀保ビラ

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    再び、首里の古地図です。



    太平橋の南で二つに分かれる宿道は、右がイーミチ、左がシムミチ。二つの道に挟まれて儀保御待所(4の枠)がありました。

    御待所の近くに横長の小さな森が記されています。この森は丘陵地で、太平橋から首里に向かうには急な坂道を登り、そして下る必要がありました。

    そのため、イーミチは森の東側(右)を、シムミチは西側(左)を抜け、少しでも坂道がなだらかになるような工夫をしています。


    Google earthで付近の航空写真を見ましょう。



    かなり細めになりましたが、横長の小さな森は健在です。その北側をイーミチが抜けています。

    で、シムミチはどうなったか?

    広い県道が開通して、シムミチは飲み込まれてしまいました。この県道は、更に拡張される予定で、その工事の過程で太平橋の遺構が見つかったのです。


    あえて、シムミチの痕跡を辿るとすれば、この階段です。



    この場所にあった坂道は儀保ビラ(ジーブビラ)と呼ばれていました。県道の開通により丘陵地が(ビラも)削り取られ、その急斜面に階段を造ったということ。



    儀保ビラは頂上付近で切り通しとなっていて、儀保くびりと呼ばれていましたが、その形跡は見当たりません。


    沖縄では切り通しをワイトゥイ(割り取り)と呼びます。

    首里近辺では玉陵坂のワイトゥイが、その原型を保っています。



    重機の無い時代に、岩にクサビを打ち込み、文字通り割り取って開通させた道です。岩肌に残るクサビの跡を触ると、結構、ジーンときたりします(笑)

    儀保くびりは、地形から考えて、玉陵坂のワイトゥイほど深くはなかったと思いますが、雰囲気は似ていたでしょう。写真も見あたらず残念です。


    さて、儀保ビラの跡にできた階段を上ってみましょう。

    眼下には拡張工事中の県道があり、道路の向こう側に西森(ニシムイ)が見えます。儀保の御嶽がある神聖な森です。



    私が立っている丘陵地と西森は、そもそも繋がっていて、そこに県道を切り通したのです。

    私としては、この切り通しをワイトゥイと呼びたくはありませんね。重機を使って道を通したのですから、それはインチキというもの(笑)

    ワイトゥイの仲間には入れてあげません(笑)

    (続く)


    コメント
    ここは通ったことありまーす。
    徒歩で古島駅からパイプラインを北上し、浦添市役所を経てJICA沖縄センターに行って、儀保駅に戻ってくるというルート。
    10月末とはいえ、汗だくになって歩いていましたね。

    もちろん大平橋や儀保ビラのことはまったく知らず、JICA沖縄のそばにあった玉城朝薫の墓を偶然見つけて喜んでました。(笑)
    • しもちゃん
    • 2015/12/04 11:48 AM
    そらまた歩いたねぇ。普天間飛行場を一周できるかもよ(笑)

    歩いてるといいことがあるね(^o^)/

    • coralway
    • 2015/12/04 12:11 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM