<< その後の惣菜通り | main | 佐敷のテラス >>

首里の古地図

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    このブログで時々使用している首里の古地図は、こちらのサイトにあります。

    沖縄県立図書館「貴重資料デジタル書庫」



    1700年代の首里の地図をデジタル化したもので、重要箇所を拡大表示することができます。

    例えば、首里汀良町付近を見れば、



    9の枠が聞得大君御殿と記されていて、さらに拡大すると建屋の配置までわかります。



    縮尺が正確で、首里の中心部は現在の地図とピタリと重なります。(周辺部はややラフ)

    地図の作者や製作時期は不明ですが、琉球王府が実際に使用していた地図に間違いありません。


    この地図の優れている点が、もう一つあります。それは、数十年程度の幅で、意図的に地図情報を交錯させていること。

    例えば、現在の那覇の地図を300年後の人が見るとしましょう。そして、その地図に国際通りの沖縄三越と若狭の龍柱が記されていたとします。

    正確に言うと、沖縄三越はハピナハと記すべきで、若狭の龍柱はまだ完成していません。しかし、300年後の人は、ハピナハよりは沖縄三越の場所を知りたいでしょうし、若狭の龍柱があった場所も知りたいはず。

    だから、矛盾を承知の上で、沖縄三越も若狭の龍柱も記してあるのです。


    「あのね。龍柱が完成した時には三越は無かったの。両方が書いてあるなんて、この地図は間違いよっ!!キッ!!」

    などと言う人は、そのありがたみが理解できない「バ〜ロ〜」です。


    いやぁ、見れば見るほど上等地図ですよ、これは。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM