<< 首里の古地図 | main | 佐敷手登根のフッチャー石 >>

佐敷のテラス

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    南城市佐敷に絶景ポイントがありました。その場所に立ち、思い付いた言葉が「Terrace」。ホテルの名前みたいですが、そこはまさに、テラスと呼ぶに相応しい場所でした。

    Google earthで見た南城市。



    知念半島が、グッと中城湾に突き出ていますから、半島の見晴らしのきく場所であれば、写真の範囲の海が一望できるのです。

    その場所の一つがここ。



    北側が佐敷平野。南側が丘陵地で樹木帯が斜面です。その丘陵地の北端に丸い広場が小さく見えてますね。

    そこが「Terrace」。

    パノラマ写真を撮りました。



    しょ、ショボッ!!

    なんですかねぇ、これは(泣)。

    あの素晴らしい眺めが、なんでこんなことに。

    カメラがショボいと言うよりは、人間の眼の性能がいいんだはず。信州を旅行し、美しいアルプスをパチパチ撮影し、それをプリントした時の絶望感に似ています。

    では、左手から4枚の写真に分けてみましょう。

    与那原



    中城



    北中城



    勝連



    あかんわぁ。て言うか、もう写真はエエわっ!!


    道順を説明しますから、だまされたと思って行ってみて下さい。

    県道86号線をニライカナイ橋に向かって走ります。右手に沖縄刑務所が見えたら、ややスピードダウンして下さい。

    県道が大きく右にカーブします。その先を右折したら「カフェくるくま」です。くるくまに入る道の少し手前に左に下りる道があります。



    そこを佐敷に下りるとみせかけて、左斜めに入ります。つまり、風力発電の風車に向かうのです。

    こんな道を進みます。



    すると広場に着き、こんなテーブルが設置されています。



    お待たせしました。このテーブルの向こう側が「Terrace」です。


    ここは手登根の「アカバンタ」。

    ウチナーンチュでも、この場所を知ってる人はごく僅かでしょう。

    かつては知念から佐敷に向かう近道として往来があったそうですが、交通が便利になるにつれ放置され、つい最近まで草木が茂り、人が入れなかったようです。

    それを手登根集落の皆さんが、かつての絶景ポイントを復活させようと、整備されたとのこと。


    ううっ。

    だっ、誰か連れて行って、この感動を共有したい。

    「あら、いい景色ね。じゃあ、くるくまに行きましょ。」

    って言われたらショックだけど(笑)


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM