<< 佐敷手登根のフッチャー石 | main | 西原町の内間御殿 >>

ペリーの野営地

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    黒船で沖縄に現れたペリー提督は、時間をかけて沖縄本島の各地を視察しています。

    視察のルートは、大雑把に言えば、首里から西原に出て東海岸を北上し、石川あたりで折り返し、西海岸を南下するというもの。沖縄本島の地形、石炭の有無、食料の状況など、東アジアの拠点として琉球を評価したかったようです。


    視察隊には画家のウイリアム・ハイネが同行しており、各地の風景をスケッチしています。

    その一枚がこちら。



    対岸に見えるのは知念半島。小高い丘の松の下で、視察隊がテントを設営中です。左手のワラバーは数羽の鶏を持ち、右手のニィニィは薪木を抱えています。テントの前のニィニィは、鍋で何かを煮ているようです。


    この場所は、西原町小橋川の上ヌ松尾(イーヌマーチュー)だろうと言われています。

    まっ、当然、私は今そこに。



    小橋川公民館の裏手にある上ヌ松尾は、階段状に三つの広場があります。丘全体が御嶽で、下から順に、下ヌ御嶽、上ヌ御嶽、上森ヌ御嶽。

    上の写真は上森ヌ御嶽(上段)から撮ったものです。

    上ヌ御嶽(中段)に最近こんな石碑ができました。



    ペリーの視察隊がここで野営したことが、ウイリアム・ハイネのスケッチと共に記されています。彼らは、小橋川集落で鶏4羽、卵40個、薪木2束を調達し、この場所を「キャンプ・ペリー」と名付けたようです。


    泊港に黒船が現れ、首里や那覇は大騒ぎになりました。その視察隊が、西原の小さな集落に現れたのですから、住民はさぞ驚いたことでしょう。集落始まって以来の大事件だったかもしれません。

    その大事件から約160年。沖縄の長い歴史からみれば、つい最近のことです。集落の伝承が充分に信用できる期間と言えます。

    最後に、上ヌ御嶽(中段)から上森ヌ御嶽(上段)を見上げました。



    ここで、ペリーの視察隊が野営したんですねぇ。

    それにしても「キャンプ・ペリー」って。160年前から、そんなことを言ってたんですねぇ、この人達は(笑)。



    コメント
    この人ってば、わたしのなかでは、黒船で乗り付けて、アメリカ銀貨と江戸幕府の一分銀との含有率の差に目をつけて、香港で換金して儲けようとしたただの胡散臭いおっさん、てだけ。


    • ikoka
    • 2015/12/02 12:45 AM
    なるほど〜。そんなことやってたんですね。

    含有率の計算で江戸幕府の銀貨を安く換金して、一両と交換。それを再度銀貨に替えると、例えば3倍になるのね。

    江戸幕府はよくまあ、そんなことを認めたものです。

    しかし、よく知ってるなぁ(笑)
    • coralway
    • 2015/12/07 4:43 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM