<< 佐敷小谷「ジャンクビリ」 | main | できるオジぃになるぞ!! >>

首里城から延びる道(12) 新橋と坂の頂

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    国頭・中頭方東海道、西海道から外れた場所を少し。

    ここは首里城の東にある鳥堀交差点。モノレール首里駅のすぐ近くです。



    西(左)から来た龍潭通りが鳥堀交差点の手前で二本に分かれます。南(下)側が龍潭通りで、県道82号線を横切り、星印を付けたスージに繋がります。この道は弁が岳の参道です。

    県道82号線(南北)と県道29号線(東西)は戦後に新しくできた幹線道路で、それまで鳥堀交差点はありませんでした。


    鳥堀交差点の下をミーマガーラ(嶺間川)が東から西へ今も流れていて、戦前までは、そこに新橋(ミーバシ)が架かっていました。木造橋がミーマガーラの氾濫に耐えられず、1680年に石造アーチ橋が建設され、新橋と名付けられたのです。

    鳥小堀村と汀志良次村の境にあったその橋が・・・





    こんなことになってるとは。

    日本軍が破壊し、戦後に米軍が道路建設で踏み潰したんですね。

    本当に申し訳ない。

    振り返った景色を見れば、誰でも知ってる場所で、新橋は飲食店の床の下です。




    新橋を北に渡ると、現在の首里中学校前あたりが坂の頂上でした。

    その呼び名が「坂の頂(フィランチジ)」


    さて、私は最初の地図の星印のあたりにいます。

    坂の頂方向を写真に撮り、



    拡大すると。



    おお!!

    確かに、坂の頂。

    想像力を働かせ、県道を視界から消し去ります。

    手前に石橋。それを渡った先は石畳道が坂を上り、坂の向こうに消えゆきます。

    石畳道の幅は車道の一車線分くらい。


    _| ̄|◯


    正月早々、このオヤジは何をやっとるのか。

    写真を撮るために車道に出て、石橋だの石畳道だのと(笑)。


    金城橋(先代の石橋)の建設が1677年で、新橋の3年前です。この頃、琉球王府は首里城周辺の橋を、積極的に架け替えていたのですね。

    これは首里那覇屏風図に描かれた金城橋。金城橋の案内板にありました。



    橋の上流には滝があり、現在の繁多川公園のあたりに滝見台があったようです。

    金城橋の名前は残りましたが、新橋は・・・。

    やっぱ、可哀想ですねぇ。


    コメント
    新橋の案内板を見て、穴を覗き込んだことがありますが、何か分かっていませんでした。
     店舗の下側を見るべきだったんですねー。
    • ahaha
    • 2016/01/04 7:40 AM
    石橋のアーチ部分は無く、とりつき部分の断面だと思います。店舗の基礎に見えます。

    幸い、道路の地下ではないので、復興の可能性はありますね。

    • coralway
    • 2016/01/04 8:20 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM