<< ハーバービューの散歩 | main | 勝てなかったのは彼女のせいか? >>

お〜い、そらぁあかんでぇ

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    昨日、宜野湾市長選挙が告示されました。

    今朝の赤旗です。

    基地の無い宜野湾へ
    シールズ琉球が街頭アピール

    沖縄県宜野湾市長選(17日告示、24日投票)で、県内の若者のグループ「SEALDs RYUKYU」(シールズ琉球)は16日、市内の街頭で、シムラ恵一郎予定候補(63)=新=のテーマソング「シムラでGO」を歌いながら、「投票に行こう」とアピールしました。

     メンバーは、最大の争点になっている米軍普天間基地(同市)の閉鎖・撤去問題について「NO BASE HENOKO」(辺野古に基地いらない)のメッセージボードを掲げ、「今度の市長選挙は、数十年先の未来がかかった選挙。『昔、ここに基地があったよね』と思い出話で語り合えるようにしよう」と強調。学校給食費と中学卒業までの医療費の無料化、認可保育所に入れない待機児童問題の解消など、シムラ候補の子育て応援政策を紹介しました。

     「いま自分が大切にしていることや、楽しいなって感じていることは、何もせずに声を上げなかったら、なくなってしまうかもしれない」。琉球大学4年の女性(21)=宜野湾市=は、3人に1人が貧困に苦しむ沖縄の子どもを取り巻く現状にふれて、「子どもたちが自分のせいだと思ってしまうような社会を認めたくはありません。少しでも子どもたちを支えられる社会を築くために、自分で考えて行動してください」と訴えました。


    その様子を動画に撮った人がいて、次の写真はそのコピーです。



    この場所がセンター試験が行われている琉球大学の近くだと言うのですが、間違いありませんね。琉球大学の北口です。選挙カーの後ろは掘割りになっている沖縄自動車道で、対岸のマンションが写っています。

    この場所から試験会場となっている琉球大学工学部まで300mほど。スピーカーの声は届くでしょう。


    毎年、毎年、センター試験の度に、試験の開始時刻を間違えましただの、出題にミスプリントがありましただの、集中力の欠如した大人が、どれだけ受験生に迷惑をかけていることか。

    しかし、シールズ琉球は更にタチが悪いと言えるでしょう。琉大生も参加しているのですから「知りませんでした」では済みません。

    ついこの間、自分達も受験生の立場だったのに。


    お〜い、そらぁあかんでぇ。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM