<< 赤マルソウと黒丸宗(2) 赤マルソウ通り | main | 投稿3,000件 >>

赤マルソウと黒丸宗(3) 具志堅宗精さん

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    具志堅宗精さん(ぐしけん そうせい:1896-1979)は那覇市の生まれで、沖縄戦時の那覇警察署長。嶋田叡知事、荒井退造警察部長の時代ですね。



    沖縄戦後期。那覇警察署員を引き連れ南部に撤退しましたが、既にその時、警察が果たせる役割はありませんでした。

    糸満市伊敷の壕に署員らと共に身を潜めていた宗精は轟の壕に嶋田知事、荒井部長を訪ね、那覇警察署の解散を具申したのでした。

    役割を果たせない組織を維持するより、部下が生き延びる可能性を選択したことは、後に県庁を解散した嶋田知事と相通じるものがあったように見えます。


    宗精は米軍に捕らえられ、捕虜で終戦を向かえました。戦後、知念警察署長を務めた後、宮古民政府の知事に任命され、戦後の宮古島復興に尽力しました。

    昭和24年。宮古島での3年10ヶ月の務めを終え、那覇に帰って来た宗精は53歳。立派な人生でしたと言いたいところですが、彼の実業家としての人生はそこが起点となりました。


    宗精のお母さんの実家は、味噌・醤油を造る小さな工場を経営していたようです。その後を継いだのか、新たに興したのか、寄宮のトタン屋根工場で味噌・醤油を造っていたのが、宗精の弟、宗演でした。


    宗精は味噌・醤油の実業を本格的に立ち上げようとし、首里に新しい工場を建設しました。後の赤マルソウです。

    宗精、宗演の兄弟の関係はよくわかりません。会社を別々にしたのは、二人の仲が悪かったからのか、仲は良かったが経営方針が異なったからのか。(おそらく後者)

    いずれにせよ、兄弟は別々の味噌・醤油会社を経営し、社章はいずれも名乗り頭の「宗」を丸で囲んだマルソウ。宗精が社名を赤マルソウにしたことから、自然と宗演の会社は黒丸宗と呼ばれるようになったのでしょう。


    宗精の赤マルソウは快進撃を続けました。当時、沖縄の醤油はキッコーマン。赤マルソウはそれを追い上げ、ついに県内シェアを逆転しました。そして昭和40年には味噌で58%、醤油で70%の県内シェアを獲得したのでした。




    赤マルソウを沖縄のトップメーカーに育てた宗精が次に手がけた事業がビールでした。オリオンビールの設立は昭和32年。宗精が62歳の時でした。

    なんという人生。今の沖縄に、こんな人物が4、5人いれば、沖縄の経済自立も夢ではない気がします。

    (終わり)


    コメント
    こういう沖縄の偉人物語は好きですね。学校で教えないのかな?

    気にしてなるのは、黒丸宗のその後ですが解りますか?
    • しもちゃん
    • 2016/03/01 2:53 PM
    それがさっぱり不明です。

    確かではないけど、黒丸宗は通りに名前を残して、地味に終わったのではないかと思います。
    • coralway
    • 2016/03/01 3:07 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM