<< 今日の農連市場 | main | 中村秀樹著「尖閣諸島沖海戦」 >>

「国と和解」ってやる気あんのかっ!!

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    辺野古の埋め立て承認を取り消したことに対して、国が翁長雄志知事を訴えた代執行訴訟で、昨日、和解が成立しました。



    和解の内容は、

    (1)国は代執行訴訟を取り下げる
    (2)国は工事を中断し、県と再協議する
    (3)折り合いがつかなければ「最後の手段」とされる代執行手続きよりも強権的ではない是正指示、国地方係争処理委員会での審査、是正指示の取り消し訴訟をやり直す

    というもの。


    本来、国と県との争点は、仲井真前知事が埋め立て承認手続きに法的瑕疵があったかどうかにあり、県は瑕疵有りとして、埋め立て承認を取り消したのでした。

    それに対して国は、県の埋め立て承認権限を取り上げる、代執行訴訟を起こしたのです。有無を言わさず、力で地方を服従させるやり方と言えます。

    国はやり過ぎたのです。


    県にとっては千載一遇のチャンス。「最後の手段」とされる代執行を、いとも簡単に使おうとする国の姿勢を問い、全国の都道府県に「こんなやり方を許して良いのか」と訴えるべきでした。国と地方が平等とする法の精神を問い直すべきでした。

    もちろん、代執行訴訟でどちらが勝っていたかは分かりませんが、少なくとも国は代執行以外の方法を取り得たのです。それが「最後の手段」と言うのなら、和解案に乗れないはずです。

    県は、何で和解に応じるかなぁ。


    辺野古の埋め立て工事は一時中断されましたが、国と県の協議に結論が出るはずは無く、結局は訴訟になります。争点は、埋め立て承認に法的瑕疵が有るか否か。

    国にしてみれば「急がば回れ」。1年や2年の工事の遅れは、どうってこと無いでしょう。


    国は小さいパンチでよいところ、力まかせに大きなパンチを出し、勢いあまって転びそうになったんです。それを抱きかかえてどうすんの。

    ほんま、沖縄の行政は「一歩前進」とか「起爆剤」とか、そんな言葉が大好きです。

    「最後まで歩き通したことがあんのかっ!!」

    「爆発させたことがあんのかっ!!」

    と言いたい。

    いつも、肝腎なところで力を抜くんだよなぁ。


    ともかく、翁長知事が埋め立て承認を取り消した時点まで、時間は巻き戻されました。

    お役所仕事では駄目よ。もう。


    コメント
    実力で阻止するしかないですねこれは
    • 阪神
    • 2016/03/05 9:36 PM
    やるか、阪神さん
    • coralway
    • 2016/03/05 10:25 PM
    数年前まで“おもろまち一丁目問題”に於ける疑惑の張本人→欲(知事の座)にかまけて親(自民党)の恩を仇で返す→己の生き様に“スジを通す”ことが出来ない輩に大事は成せないよ、きっと。
    • 腹黒い鳩よりは清廉な鷹を
    • 2016/07/03 1:12 AM
    私は辺野古移設反対の一点で翁長知事を支持していますが、それ以外は彼のやることなすこと気に入りません。まったく情け無い。

    沖縄に清廉な鷹は現れませんね(泣)
    • coralway
    • 2016/07/03 7:15 AM
    取消しの取消し―――。 “政治屋”としての彼の生き様を検証してみると特に驚くに値する事ではありません。そもそも金秀グループへの利益誘導の為(前知事下ではグループに旨味を期待出来ず)に知事へ担がれたのであるから。 黒幕である金秀グループ現総帥にも同様に“生き様”を見せて頂きました。思えば、グループ創業者の先代は沖縄の開発独裁“西銘県政”を支えた財界の一人でしたから、本来なら彼は先の衆院選では恒三郎を支持するのが義理なのであります。
    • 腹黒い鳩よりは清廉な鷹を
    • 2016/12/26 5:17 PM
    「翁長知事が埋め立て承認を取り消した時点まで、時間は巻き戻されました」と書きましたが、これで仲井真前知事が埋め立て承認した時点まで戻ってしまいました。

    お友達への利益誘導が動機で動いているのなら、こんなもんでしょう(泣)
    • coralway
    • 2016/12/27 4:32 AM
    利益誘導が動機なのではなく、仲井真氏と同じ泥船に乗っていては将来、知事の座が危ういと判断したところに金秀氏が恩を売る(当然、グループへの見返りを約束したことでしょう)かたちで支持したに過ぎません。
    辺野古反対の“一点のみ”で支持していると考える人々は、騙された・裏切られただの騒いでますが、彼の生き様を勉強していれば投票しなかったはず。ペテンにかかったと憤る前に自分達の勉強不足を反省しましょう。では仲井真氏で良かったのか?と問われたなら、決して最善ではないが、現実路線を考慮した場合そうせざるをえなかった(えない)。
    振興予算を200億減らされただけで不安になるくらいなら、観光で十分食べていけるなどと強がるのは止めて欲しい。
    • 腹黒い鳩よりは清廉な鷹を
    • 2016/12/27 1:52 PM
    現状、翁長知事は辺野古移設反対の立場を取らざるを得ませんから、そのまま(政治的に)死ぬまで反対してもらいましょう。それだけでも役に立つというものです。

    ブックにより成立しているプロレスでも、相手が怪我をしたり失神したり、場合によっては命を落とすことがありますからね。
    • coralway
    • 2016/12/27 5:41 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM