<< 中村秀樹著「尖閣諸島沖海戦」 | main | 常識が無いのはどっち >>

アルザスの森とBoulangerie BZ

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    ここは与儀の「Boulangerie BZ(ビズ)」です。



    ブーランジェリーはフランス語でパン屋。人気のある店で、いつも混雑しています。

    この日私はこのパン屋、ではなくてブーランジェリーでミニクロワッサンを大量に仕入れたのでした。



    ミニクロワッサンは年に2、3回注文があり、最初は小禄の田原にあった「アルザスの森」にお願いしました。

    アルザスの森が何処にある森なのかは知りませんが、ドイツかフランスか、あのあたりなんでしょう。「タバルの森」ではちょっと上質感が足りません。


    「アルザスの森」のミニクロワッサンは大好評で、保育園の父兄から「どこのパン屋か?」と問い合わせがあったほどでした。

    20130318224642_0.jpg

    ところが、パンを焼くオヤジ、ではなくてブーランジェは一人だけ。「何百も注文されるのはちょっと」と言われてしまい、二度目からは国場の「カバのパン屋」にお願いしたのでした。

    CIMG4717s.jpg


    「カバのパン屋」はかつて私が住んでいたマンションの一階にあり、オヤジと仲が良かったのです。言わば情実発注(笑)

    ところが、この店もパンを焼くのはオヤジだけ。売上的には歓迎されたのですが、店に並べるパンを減らすことになり、お客さんに迷惑をかけてしまうのですね。

    何度かは無理して焼いてくれましたが、結局、カバのオヤジは苦渋の選択で私の注文を断ることにしたのでした。

    そんなことがあって、以降は「Boulangerie BZ」にお願いしています。ここは人手が揃っているので、いくつ注文しても大丈夫です。


    ところで、「アルザスの森」は最近、閉店してしまい、多くのファンを悲しませているようです。

    「Boulangerie BZ」の店主は「アルザスの森」で修行をされた方なので、訪ねてみてはどうでしょう。少なくともミニクロワッサンは覚えのある味と食感でした。


    那覇で美味しいパン屋を紹介して欲しいと言われれば、私は迷わず「Boulangerie BZ」を推します。パンの種類が多く、選ぶのに苦労するほどです。

    が、しかし、私が日曜日のお昼に食べるパンを買うとすれば、カバのパン屋ですね。あそこのサンドイッチは「ああ、これがサンドイッチ」って味がして、カレーパンは「ああ、これがカレーパン」って味なんです。思い浮かべた通りの安心の味。

    普通の味なんだけど、それが「ハァ〜」と美味しいのよねぇ。

    わかる?(笑)


    コメント
    解りますよー。
    私もブーランジェリーより、パン屋の方が好きですね。
    そんな、おフランス語で言わなくたっていいのに…。(笑)
    • しもちゃん
    • 2016/03/08 3:14 PM
    ありがとうございますm(__)m

    とは言え、「アルザスの森」が運玉森、「Boulangerie BZ」がビズのパン屋では集客力に影響するでしょうね(笑)

    • coralway
    • 2016/03/08 4:05 PM
    あ〜、パン食べた〜い!

    • ikoka
    • 2016/03/10 2:01 PM
    買って来て!!(笑)
    • coralway
    • 2016/03/10 5:10 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM