<< ムカつくオジぃとニィニィ | main | 八十円の至福「やまやのあん餠」 >>

浦添市沢岻「浦添御殿の墓」

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    浦添市沢岻にある浦添御殿(ウラシーウドゥン)の墓です。



    沖縄の「御殿」は琉球王朝の王族、または王族の住む屋敷を意味します。

    王族をその地位で呼ばず、住居の名で呼ぶことは、天皇を御所や御門(みかど)と呼ぶことに似ています。

    浦添御殿は第二尚氏の分家で、代々、浦添間切の按司を務めた家系です。18世紀末に見事な亀甲墓を築きました。


    分厚い袖垣(スディガチ)と、



    相方積みのヒンプン。



    広いお庭(ハカヌナー)。



    敷地面積は1,200坪だそうです。

    墓室の入口両側にある袖石(スディイシ)が三段構えになっていて、墓室に重厚感を与えていますね。墓室正面の石が広いこと。


    長く門中に守られてきましたが、沖縄戦の疎開などで子孫がバラバラになり、最近、門中の代表が墓所の管理を浦添市に任せました。

    浦添市は、この市内最大級の亀甲墓を史跡に指定し、墓を修理の上で周辺を公園風に整備しました。




    もちろん、墓所であることに変わりはありませんが、よそ様のお墓に立ち入るよりは、気持ちが楽です。

    建造物として観察したり、県外からのお客さんに亀甲墓を紹介するには、良い場所と言えるでしょう。


    門中の皆さんは、この広いお庭でシーミーをされるんですね。

    いや、羨ましい。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM