<< 浦添市沢岻「浦添御殿の墓」 | main | 牧志の散歩(6) 希望ヶ丘公園からの眺望 >>

八十円の至福「やまやのあん餠」

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    こちらは市場本通りの「やまや」さん。



    仕入先の一つではありますが、私が注文を入れるのは、桃の節句の菱餅と端午の節句の柏餅。年に2回だけです。

    どちらも「やまや」の壺屋工場は徹夜の操業を強いられる日。

    20130301075239_0.jpg

    そんな超忙しい日に限って注文を入れるのは大変心苦しいのですが、毎年続けることで、一応はお得意様扱いしていただいています。


    先日、桃の節句で菱餅を仕入れたところ、あん餠と草餠をサービスしてもらい、保育園への配達中、さっそく一つほおばりました。



    その美味しかったこと。


    沖縄のあん餠は、ついた餠ではなく、もち粉を練ったもの。大福との違いがわかりませんが、つまり、大福です。

    柔らかい餠の食感と餡の上品な甘さ。

    新しい味ではありません。誰もが知ってる、餠と餡の味。それなのに、これさえあれば、色々と手の込んだ商品は必要無いとさえ思えます。

    それが一個八十円。


    賞味期限はあん餠が明日で草餠は今日です。お店の近くで座れる場所を見つけて、すぐに食べることをお勧めします。


    コメント
     4日からは、シーミーの季節に入ります。
    餅の好きだった我がターリーの墓前には、
    餡ムチとナントゥが欠かせません。
     今年のシーミーの餅は、Cさんご推薦の{やまや」で決まり!
     
     
    • へそまがり
    • 2016/04/04 12:32 AM
    餅は餅屋とは、いいことを言ってますよねぇ。ターリーが喜ばれることでしょう。




    • coralway
    • 2016/04/04 7:27 AM
    今日からシーミーと、インターネットラジオOTTAVAでも教えてくれました☆(クラシックのチャンネルなのですが、プレゼンターが三線弾きなので、沖縄の話や二十四節気七十二候の話をしてくれるのです。)

    旧暦に沿った暮らしは、Cさんがここで語る仕入れの様子や沖縄の友達のFacebook、買ってみた本などで感じでいます。あと、月をよく見て意識するとか。

    自分を取り巻く仕事時間のままに過ごすと、今日も雨で電車が遅れて・・・とか、そんなんばっかりで曜日を数えて過ごすことになってしまいそうで。

    お餅って、まるっとしていて、ふっくらしていて、なんていうか、見ているだけで、幸せな気分になります。

    今度行ったら、買いに行こうっと♪
    • やまねこ
    • 2016/04/04 10:53 AM
    月を見て暦を意識できるのは素晴らしい。

    月の満ち欠けで1ヶ月がわかるけど、太陽は1日を示すだけで、1ヶ月はわかりません。

    あっ、だから月と日なのかな。今、気づいたけど(笑)
    • coralway
    • 2016/04/04 1:01 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM