<< 休憩すれば上手くいく | main | 相棒のA。今朝の踏ん張りどころ >>

テレビ放送の中のウチナーグチ

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    ブラタモリ「那覇」を見逃してガッカリしていたら、一昨日の日曜日に再放送がありました。さすがはNHK。波之上の岬の先端や御物グスクなど、滅多に入れない場所に入ってましたね。

    それから、タモリさんが農連市場に来たかどうかもわかりました。来たことは来たけれど、ロケ地は市場ではなくてガーブ川が顔を出す橋の上だったのでした。誰もタモリさんに気付かなかったはずです。


    番組の最初で、那覇歴史博物館の館長が挨拶してましたね。



    ハイサイ、チューウガナビラ。
    ワンネー、ナファシヌレキシハクブツカンディ、クヮンチョウソール、フルヅカタツオヤイビン。
    ユタサルグトゥ、ウニゲーサビラ。
    (字幕付き)


    「よっしゃ、ええぞ。そのまま最後までいけっ!!」と思ったら、ウチナーグチはそれで終わりでした。


    沖縄のローカル番組で、司会者がレポーターにこんなことを言ってました。

    「あらぁ、オマケまで貰って良かったですね。ウチナーグチではシーブンと言いますよね」

    司会者がウチナーンチュで視聴者の大半がウチナーンチュの状況で、わざわざ大和語を使い、それをウチナーグチで言い換える理由が分かりません。

    なんで素直に「あらぁ、シーブンまで貰って良かったですね」 と言わないのか。視聴者の大半がシーブンの意味を知らないと思って、わざわざそんな言い方をしたってこと?


    沖縄に雪が降るかどうかって日に、その番組にウチナーグチの先生が出演していました。司会者が「ウチナーグチで雪は何と言うんですか?」とたずねたところ、その先生はこう答えたのです。

    「沖縄には雪が降りませんから、実は思いつきませんでした。そこで調べてみると、ユチ、もしくはユーチだと分かりました。」

    こいつは、いったい何を言ってるのか。

    ナイチャーの私が投稿しているこのブログでさえ、ちょっと探せば雪は出てきます。

    例えば、

    雪の崎(ユーチヌサチ)


    あるいは、

    雪払い(ユチバレー)


    ウチナーグチを思い出せなかったことは横に置くとしても、この先生は、かつての那覇にあった岬の名も、組踊の演目も知らないってことでしょ。

    ウチナーグチの先生って、そんなレベルなのかとがっかりでした。


    ウチナーグチが絶滅寸前に追い込まれた原因の一つがテレビ放送にあると私は思います。毎日毎日、大和語で繰り返し放送すれば、そりゃあ大和語が定着しますよ。

    ローカル番組に限られますが、せめて名詞と形容詞くらいは意識してウチナーグチを使ってはどうでしょう。


    日本にこれだけ英語が氾濫しているにもかかわらず、日本人が英語を苦手にする理由は、耳にする英語のほとんどが名詞と形容詞に限られることにあります。

    だから、beautiful flowerとは誰もが言えますが、「この花を見れば貴女を思い出す」となると「あっ、えっ、ちょっと待って」になるわけです。

    だから、沖縄のローカル番組が、積極的にウチナーグチの名詞と形容詞を使い、仮にそれが浸透したとしても、日本人の英語能力並みということ。

    ウチナーグチの復興が、いかに遠い道のりなのかが分かります。


    あっ、最後に訂正が一つ。先ほどワタクシ「私のブログをちょっと探せば雪は出てきます」などと、まるで、いくらでも出てくるかのような言い方をしましたが、すみません。いい格好しました。

    いくら探しても、上の二つしか出てこないです。はい。


    コメント
    方言も英語も、やっぱり使える環境にいないと忘れちゃいますね。
    私なんて出身地の北海道の方言も忘れちゃったし、福島県の方言は知らないから使えないし。(;´д`)

    でも、沖縄の方言はラジオのおかげでほんのチョットなら判ります。まあ名詞と形容詞くらいですけどね。
    • しもちゃん
    • 2016/04/12 1:37 PM
    南米のオキナワ村では学校でウチナーグチを学び家庭でも使うそうで、普及率が高いそうです。

    沖縄でも保育園から中学校くらいまでのカリキュラムを作るべきですよね。

    行政からの依頼で、琉銀のATMが「ハイサイ」と喋り始めた時は、啓蒙活動ってこんなことなのかと驚きましたよ。
    • coralway
    • 2016/04/12 3:11 PM
    だからさ〜(北海道、とくに函館)
    だっからよ〜(沖縄、王子発言)

    しもちゃんさん、あってます〜?
    • ikoka
    • 2016/04/13 9:34 AM
    鹿児島は沖縄と同じくらいだからよーを多用して意味合いも沢山ありますよ鹿児島から渡ってきたんですかね?
    • ゆっけ
    • 2016/04/13 12:43 PM
    ikokaさん、私の故郷は函館から遠い内陸部なので、たぶん言葉が違うかも。
    だから→したっけ、したっけさ、したから、です。
    沖縄の「だっからよ〜」は標準語の「だから」よりも、いろんな意味があるみたいですね。
    ネットで検索したら、魔法の言葉ってありました。(笑)
    • しもちゃん
    • 2016/04/13 1:52 PM
    沖縄の「だからよ〜」、あるいは「だからね」は、

    「貴方の言わんとすることはよくわかるよ。もうそれ以上言わないで。」

    結論を出さないまま、話を終わらせることができて便利です。

    全国で使えばいいのにね(笑)
    • coralway
    • 2016/04/13 2:42 PM
    だからよ〜
    • ikoka
    • 2016/04/13 5:41 PM
    あら。さっそくありがとうございます(^o^)/
    • coralway
    • 2016/04/13 5:44 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM