<< 浜比嘉島の散歩(3) シルミチュー | main | 浜比嘉島の散歩(5) シヌグ堂 >>

浜比嘉島の散歩(4) ウチナーンチュは何処から来たのか

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    4、5年前に「ウチナーンチュは何処から来たのか」をテーマに投稿したことがありました。

    2011.12.14 山下町第一洞穴遺跡
    2011.12.15 山下洞人のその後
    2011.12.16 何故、ウチナーグチは古い日本語みたいなのか?


    弥生時代から大和王朝時代にかけて、大和のある一団が琉球に来て稲作を始め、定住しましたが、この一団が、現在のウチナーンチュのルーツと考えられています。そして、それが事実なら、大和民族と琉球民族には同じ血が流れていることになります。

    その後、琉球民族は国を造り、長きに渡り独自の文化を醸成してきました。

    そして、島津藩による琉球侵攻と明治政府による琉球処分により、琉球は大和に組み込まれてしまいます。


    国連の人種差別撤廃委員会が日本政府に対して、琉球民族を先住民族として認めるように勧告を続けています。

    その勧告に対する衆議院議員宮崎政久の主張を聞きましたが、その内容のなんとも稚拙なこと。



    彼の理屈は「多くの日本人も沖縄県民も、琉球民族を先住民族とは思っていない(だから先住民族ではない)」というもの。

    これじゃあ近所のオバハンです。て言うか、それでは近所のオバハンに失礼です。

    「琉球民族は先住民族ではあるけれど、現在は自他共に日本国民と思っている」という命題は成り立つのですよ。

    琉球民族が先住民族であるか否かは、先住民族の定義に従い、これまでの琉球の歴史を振り返る必要があります。

    その議論を避け、こんなデリケートな問題を世間話のような根拠で決めつけるなんて。よくまあ沖縄の選挙区で立候補できたものだと思います。

    (続く)


    コメント
    これもアホな話ですよね。
    歴史的事実 を見ずに、自分の主観だけで話している。ニュースでは自民党の総意(首相も同意)だとも伝えられてたようなので、自民党がアホの集団ってことになりますよね。
    私が思うには、やっぱり基地移設に有利にしたいんじゃないかと。
    先住民族を認めると、また訴訟が発生して国に不利になりかねないからでしょう。

    北海道のアイヌと沖縄の琉球民族、境遇は同じですよね。
    • しもちゃん
    • 2016/05/06 1:24 PM
    その通り!!

    こいつは言わされてるだけでしょう。

    沖縄選出の議員が(比例復活だけど)何らの歴史認識も持たず、政府の代弁をし、都合の悪い話にはふれず、しかも真面目な顔でバカを言う。

    沖縄を何重にも裏切ってますよね。こいつ。
    • coralway
    • 2016/05/06 1:38 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM