<< 元ちゃん、神戸空港が売りに出てるってば | main | 自宅からの眺め >>

某青果店の朝の不思議

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    (1)開店時刻の不思議

    私の出勤時刻は朝5時半。農連市場の忙しい時間帯は過ぎてますが、昼型の店ならそんなところです。

    ところが、某青果店のお父さんとお母さんは、4時頃には店に出ているようです。お父さんは新聞が届くのを待ち、お母さんは、え〜、お母さんは何をしてるのか?

    市場の忙しい時間帯にシャッターが閉まってると「ヒマな八百屋」と思われるので、それがイヤなんだはずね。たぶん。


    (2)相棒Aの出勤時間の不思議

    私は5時20分頃、店に出ますが、相棒のAは毎朝5時半ピッタリに現れます。万事にルーズなあの男が。

    ある日の出勤前、私はたまたま、店の駐車場でAを見つけました。Aは足をハンドルに乗せ、タバコをふかしていました。考えたなぁ、こいつ。それで謎が解けました。

    それはいいけどハンドルに足を乗せるなら「靴下を履いとけっ!!」と言いたい。

    Aはこんなサンダルを裸足で履いてます。



    これをクロックスとかラバーサンダルとか呼ぶそうですが、Aは「じょ〜り」と呼んでます。


    (3)お母さんの挙動不審

    出勤したAは、ただちに浦添の中央卸売り市場に向かいます。

    その間私は、農連市場で豆腐や蒲鉾などの加工食品を仕入れ、湧田食品、佐辺昆布店などから届く商品と合わせて、配達箱に仕分けします。

    それが終わったら、Aが帰って来るまでの間に冷蔵室の配達箱20〜30を店頭に出します。


    この時間、お母さんは店頭の椅子に座り、通りを歩く人に挨拶したりしています。そこでジッとしていればいいものを、何の用事があるのか知りませんが、店内の通路を横切り、自分の机に向かいます。そしてすぐに椅子に帰って来ます。

    配達箱を重ねて運ぶ私は前が見えません。台車を使えば見えてますが、急に止まると荷物がひっくり返ります。

    その前をヨタヨタ歩かれると危なくて仕方なく「も〜、ジッとしとれっ!!」と言いたい。

    椅子に座ってて何かの用事を思いつき、机に向かう途中でそれを忘れるんだはず。それが思い出せず、仕方なく椅子に戻ったら思い出し、また机に向かう。みたいな。


    (4)相棒Aの疑惑

    配達箱を店頭に出し終わった頃、Aが帰って来るのですが、このタイミングが良すぎて疑惑です。ひょっとして、私が配達箱を出し終わるのを、その辺りで見てるんじゃないのか。

    さて、今朝もAが帰って来ました。



    そこで、

    「おっ、お兄ちゃん早いねぇ。助かるねぇ」

    と褒めておけば、

    「ワンが早く帰れば、早く配達に出れるさぁね。仕事は助け合いらからね」

    などと偉そうなことを言い、その日からしばらくは早く帰って来るので、そこがまた怪しいわけです。


    まあ、私としては一日が無事に終われば良いので、不思議は不思議で結構です。

    とは言っても、釈然としない気持ちもあり、ここはブログで読者にチクっておくか (^o^)/


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM