<< 写真集「南風原」(1) アマダイガーラ | main | 謝るのなら1分1秒でも早く謝れ >>

漫湖公園駐車場の有料化

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    漫湖公園の駐車場が先月から有料になりました。



    公園を利用しない人が駐車するので、公園利用者が駐車できないと苦情があった。だから有料にしたと那覇市は言うてます。

    どんな思考ロジックなんですかねぇ。


    結局、利用者数に対して、公園の駐車場が狭いことが原因だと私は思います。 現在の駐車場のキャパを知りませんが、100台程度でしょうか。

    漫湖公園は細長い公園で、2キロ近い長さがあります。例えば、公園に沿って放水路があるので、そこに蓋をして駐車場にすれば数百台が駐車できます。目的外の車が駐車したとしても、駐車場不足は解消するでしょう。


    一方、駐車場を有料にすると、こんなことになります。

    (1)公園利用者

    公園を利用する人にとって、駐車料金は入園料に相当します。「ちょっと公園で散歩でもするか」って人が「駐車料金がかかるからやめとくか」になりませんか?

    また、テニスコートなどの利用者は施設使用料と二重払いになりますが、それを許せるんでしょうか。


    (2)目的外利用者

    通勤用の車の駐車場として使ってる人がいるそうです。つまり、朝から仕事が終わるまで駐車してるってこと。

    許せませんねぇ。許せませんが、ここを追い出されたらどこに駐車するんでしょう。路上駐車はしないでしょうから、民間の駐車場を借りようとするでしょう。

    ところが、漫湖公園の駐車場は一日停めても500円。それなら周辺の民間駐車場を借りるより安く済みそうで、私なら500円払います。駐車料金を支払うのですから、肩身の狭い思いをしなくて済みますしね。


    公園利用者が減ることで駐車場問題が解決したのでは、本末転倒と言うもの。市民に利用されてこその公園です。

    結局、駐車場の有料化で喜ぶ人は誰なんでしょう。那覇市役所の職員は、苦情を聞かなくて済むから喜ぶんですかね。

    つまり、それだけのこと?


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM