<< 80歳のヤクルトレディ | main | 相棒Aとの付き合いかた >>

ミス沖縄ではなくて・・・

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    沖縄の顔として、観光振興に頑張ってくれてるミス沖縄の皆さん。



    写真は先代のミス沖縄で、左からスカイブルー、コバルトブルー、クリーングリーングレイシャス。立ち位置が常に同じなので、表彰台のように、真ん中のコバルトブルーさんが、ちょっとだけ上のポジションなのかもしれません。知らんけど。

    募集要項によれば、ミス沖縄の賞金は10万円だそうです。そして、募集要項のどこを見ても報酬の記載がありません。

    一年間拘束されて、その対価が10万円だとすれば、それはあんまりと言うもの。逆に、そんな条件でもミス沖縄に選ばれることには価値があるってことなんでしょう。


    話はガラッと変わりまして、農連市場の知念精肉店。

    知念のお母さんの子供は1男5女で、孫が16人います。まだひ孫はいませんが、まもなく16人の孫達が、ひ孫をポコポコと量産することでしょう。

    そして、5人の娘達は「知念の美人姉妹」として知られています。私が知ってるのは市場の売店で働く長女(もしくは次女)と精肉工場の三女ですが、確かに二人とも美人です。

    特に三女は、何代目かのミス沖縄だそうで「う〜ん、なるほどぉ」と思っていました。


    ところが昨日、何かのハズミでこんな話になりました。

    C「ミス沖縄だったってね、凄いね」

    三「え〜、誰がそんなこと言ったの?、違うわよ」

    C「ありゃ、違うのか?」

    三「私は違うけど、妹はミス那覇高よ」

    C「あらまあ、姉ちゃんがミス沖縄かと思えば、妹がミス那覇高(笑)。市場の伝言ゲームはアテにならんな」

    三「うちの妹は美人よ〜」

    C「ミス那覇高だからね。まあ、そこだけ聞けば『ほ〜』と思っただろうけど、ミス沖縄から降りてきたところだから、何ともかんとも(笑)」

    三「すみません、期待外れで」

    C「何年も前からそう思ってたのにねぇ。それにしても五人姉妹が全員美人って、お母さんがさぞお綺麗な方なんでしょうねぇ」

    母「あ〜ら、ギャハハ!!」

    C「(笑)」

    母「Cさん。ある男の人がね。『貴女の娘さん達は確かに美人だけど、誰一人若い頃の貴女を超えられなかったね』だって。えへへ」

    C「はい、じゃあ今日はこんくらいで。日曜日のバーベキューはよろしくね(笑)」


    かくして「ミス沖縄と知り合い」という私の地位は、一瞬にして「ミス那覇高の姉ちゃんと知り合い」に格下げとなったのでした。

    う〜む。聞かなきゃ良かったのか?(笑)


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM