<< ど〜も、納得できんな | main | カープが8連勝したワケ >>

辺野古埋め立て承認取り消しの無効請求ですって(呆)

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    翁長知事による辺野古埋め立て承認の取り消しは無効であるとし、宜野湾市民らが起こした訴訟は、先週、那覇地裁により却下されました。

    訴訟の内容は「翁長知事が移設先の埋め立て承認を取り消したのは普天間飛行場を固定化させ、周辺住民の生存権を脅かす」というもの。

    さっさと辺野古を埋め立てて、早く基地を造れって言ってるわけです。


    よくまあ、そんなことが言えますねぇ。

    移設先が県外ならまだしも、同じ島内の辺野古じゃないですか。これでは、ウチナーンチュ同士の基地の押しつけ合いです。

    基地があることで、生存権を脅かされるのはその通りだけど、それは辺野古でも同じです。この訴えが通るのなら、名護市民も同様の訴えができるということ。裁判所はそんな矛盾を抱え込むようなまねはしません。


    更に原告は「安全保障に関わる事柄で地方自治体が判断する余地はない」と主張したそうですが、なんとも物わかりが良いウチナーンチュがいたものです。穏やかに言えば日和見主義、キツく言えば思考停止と言えます。

    同じウチナーンチュに基地を押し付け、国の言うことに「判断する余地なく」従うことがウチナーンチュの目指す姿なら、そんなもの、私は心の底から軽蔑しますよ。


    原告団の団長が元宜野湾市議の平安座唯雄で、代理人弁護士が徳永信一。



    この訴訟で唯一納得できたのは、この人達ならこんな主張をするだろうなぁってことでした。


    コメント
    嘆かわしいですね。
    普天間は返せ!辺野古にも作るな!嘉手納に全部まとめろ!
    とは言えないんでしょうか。米軍は土地を使いすぎですよね。
    • jaha
    • 2016/06/25 12:25 PM
    最も有効な方法は、日本政府が米国に「普天間飛行場の無条件撤去」を言い渡すことでしょう。

    米国は望まれていない場所に基地を置きませんから、日本本土、グァム、オーストラリアなどを使って、東アジアにおける勢力維持が可能なフォーメーションを実現すると思いますよ。

    日本人の多くは海兵隊が沖縄にいないとダメだと信じ込まされています。大雑把に言えば、ナイチャーの大半とウチナーンチュの半分弱くらいかな。
    • coralway
    • 2016/06/25 1:22 PM
    例によって馬鹿弁護屋徳永信一ですかw
    こいつは沖縄を踏み付けて『飯を食ってやがる』
    海兵隊は一旦立川に移転しろ!
    • 阪神
    • 2016/06/25 2:05 PM
    パンドラとかテドコンとか最近ではミヤザキとか、あの一派です。

    • coralway
    • 2016/06/25 2:08 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM