<< 相棒Aは元漁師 | main | ビギやま商店「おかえり南ぬ島」 >>

米軍の抑止力

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    数年前、航空自衛隊の元幹部(空将補)でF15戦闘機のパイロットでもあった先輩から、対空戦の話を聞いたことがありました。



    F15は航空自衛隊の主力戦闘機。那覇基地に40機が配備されていて、連日、西の空へスクランブルをかけています。

    その先輩は「映画で観るような対空戦はありえない」と言いました。F15がレーダーで敵機を捕捉したら、ロックオンしてミサイルを発射します。そうすれば、やがて敵機がレーダーから消えると。つまり、現代の対空戦ではレーダーで先に敵機を捕捉したほうが勝ち。敵機の機影を目にすることは無いのです。


    現在、世界最強の戦闘機は米国空軍のF22。こいつは相手のレーダーに映らないステルス戦闘機です。レーダーに映らないのですから、対空戦や対艦戦で負けることがありません。軍事演習でF15が束になってかかっても、まったく歯が立たないそうです。



    F22から発射されたミサイルが、いきなり目の前に現れるかもしれない恐怖。そこにF22がいると思えば、敵国の戦闘機や艦艇はうかつに出撃できません。

    これぞ抑止力。敵国が攻撃を躊躇するに足る、充分な説得力があります。


    一方、海のステルスは潜水艦です。海中深く潜む潜水艦を、敵国が発見することは難しいでしょう。そこに潜水艦がいることの恐怖。敵国の艦艇が空母であれ軍艦であれ、自由な航海はできないのです。


    さて、中国が尖閣を攻めてくると心配するムキがありますが、東シナ海の制空権、制海権は米軍(+自衛隊)の支配下にあります。尖閣に人が住んでいるのならともかく、いったい何が心配ですか?

    仮に、海上保安庁を上回る武力で、数百人の中国人が尖閣に上陸したとします。大変なニュースになるでしょうが、困ることはありません。

    中国人がそこで駐留を続けるには、武器や弾薬、水や食料、燃料などの供給が必要です。ところが、東シナ海を支配しているのは米軍(+自衛隊)です。中国本土からのロジスティックを断たれてしまうと、駐留を続けることはできないのです。


    中国人が尖閣に上陸したとたん、普天間飛行場からオスプレイがパタパタ飛んで行くと思ってる人は勉強が足りません。尖閣で地上戦を始める必要がありますか?

    そこに居たいのなら、半年でも1年でも魚や貝を採って暮らしなさい。小屋を建てたり、五星紅旗を掲揚してもよろしい。しかし、中国本土からのロジスティックが成立しない限り、早晩引き上げるしかない、て言うか、海上保安庁の巡視船に乗せてもらうしかないのです。


    三万歩くらい譲って、海兵隊が尖閣を目指すことがあったとしても、次の手順が必要です。

    (1)佐世保の強襲揚陸艦をうるま市のホワイトビーチに移動させる

    (2)嘉手納弾薬庫から武器や弾薬を運び強襲揚陸艦に積む

    (3)普天間飛行場のオスプレイやヘリコプターを積み

    (4)海兵隊の兵士を乗せる

    (5)尖閣に出撃

    (6)ハワイや横須賀から護衛艦隊を派遣する



    繰り返しになりますが、尖閣が占領されても、オスプレイが普天間飛行場から直ちに発進することは無いのです。


    さて、沖縄の海兵隊に抑止力があり、尖閣有事に不可欠の存在と考えてる貴方。嘉手納のF22や東シナ海に潜伏中の潜水艦に匹敵する抑止力が海兵隊にあると言うのなら、その根拠を言いなさい。

    尖閣有事の際、普天間飛行場から直ちにオスプレイが飛んで行くと思ってる貴方。オスプレイが尖閣に向かう目的を言いなさい。

    「辺野古移設が唯一」、「海兵隊の抑止力」、「尖閣有事への対応」なんて、まったく根拠無し。政府にだまされては駄目ですよ。

    そんなことより、尖閣有事の際、日本政府には、毅然として中国軍に立ち向かう気概があるんでしょうか。そこがどうにも心配です。打つべき手を打たず「外交ルートを通じて厳重に抗議した」なんて言いかねませんからね。

    それでは中国に尖閣の実効支配を許してしまいます。それこそが中国の狙いなんですよ。


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.08.14 Tuesday
      • -
      • 10:32
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      久しぶりのコメントです。

      私が今1番危惧している事は、軍事的な抑止力よりもむしろ「人」の沖縄の基地問題に対する無関心からくる中国への誤ったメッセージです。
      国防を1部の地域に押し付けている現状を中国がどう捉えるかですが、抑止力とは言うまでもなく相手に攻撃をする意思を無くす事ですが、現状はなんとかそれを維持できていると思います。しかしそれは沖縄に海兵隊を配備している事が主ではなく、日米安保が、先行に自衛隊を後方に米軍が控えているからであって、沖縄に海兵隊を配備している事が主ではありません。
      1部地域に基地を押し付けている現状を考えた時に、この国は仮にも有事(戦争)になった際にこの様な国民性では国を守る事など到底出来ないと私は思います。
      それは、中国側への誤ったメッセージにはならないでしょうか? その事は米国側に対しても同様で、基地そのものに嫌悪感を抱かれている米軍側がどう感じるかです。これもまた健全な同盟関係とは言えません。
      政府は「地政学的」などという言葉で抑止力を誤魔化すのではなく、国防を国全体の問題として考えるべきです。
      長文失礼しました。
      • 影なる読者
      • 2016/07/03 9:22 PM
      まったくおっしゃる通りです。

      中国に対抗する軍事的フォーメーションよりも、基地負担を沖縄に押し付けることを優先した歪みは、いつか重大な問題になるでしょう。

      中国は軍事力で日米に勝てるとは思っていませんから、ちょっかいを出しながら、日本のエラーを待っている状態と言えます。

      投稿にも少し書きましたが、中国が尖閣の占領を試みた時に、それを軍事力で奪還(それこそ専守防衛)する根性が政府にあるのか、甚だ心配です。

      万一、抗議声明を出して終わりにするようなら、米軍も支援のしようが無く「そんなことなら渡せばええやん」ってことになりますね。
      • coralway
      • 2016/07/03 9:51 PM
      メディアも沖縄の米軍基地には批判的だけど、中国や北朝鮮に対する恐怖心をやたら煽ってますよね。
      テレビなんか「お前らは北朝鮮の広報か!」って思うほど(笑)
      在日米軍にすがり、沖縄を嫌悪する人たちが増えるのも分かる気がします。
      尖閣奪還を想定した日米合同訓練なる報道をテレビで観ましたが、なるほど上陸した時点で兵糧攻めなんですね(笑)
      • jaha
      • 2016/07/04 8:15 PM
      何もない無人島ですからね。自衛隊を駐留させるなんて愚の骨頂です。千人駐留させれば、五千人の中国軍が来るだけのことです。

      「そんなこと言ったって、占領されたらどうするんだ」と言われそうですが、占領してもらったらいいじゃないですか(笑)

      中国が海上保安庁の防御ラインを突破するには、軍事力を使うしかありません。日本は専守防衛の国ですから、相手が攻めてくれれば戦えるのです。 それは自衛のための戦闘ですから、国際世論は日本に味方し、米軍の介入も容易になります。

      尖閣に部隊を上陸させて島を奪回するのは、効率が悪く、リスクも高くなります。やはり、相手の補給路を断つのが最も良い方法に思えます。

      海上自衛隊の潜水艦の能力、相手潜水艦に対する哨戒能力、いずれも中国軍より上です。中国軍の後方支援部隊を遠慮なく沈めてやりましょう。

      て言うか、そうなってしまうので、話は元に戻って、中国は尖閣を占領できません。

      中国はこれからも色々ちょっかいを出してくるでしょうが、それは日本のエラーを期待しているだけです。日本が尖閣に自衛隊を駐留させたり、間違って先制攻撃でもしようものなら、相手の思う壺。間違いなく尖閣を失うことになります。
      • coralway
      • 2016/07/04 9:13 PM
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>
      PR
      プロフィール
      profilephoto


      念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
      Twitter
      お勧めの本と映画
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM