<< 与那国海底遺跡はどうなのか | main | 沖縄の参院選を振り返る(2) 基地か経済か >>

沖縄の参院選を振り返る(1) 島尻さんの敗因

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    参院選沖縄選挙区は普天間飛行場の辺野古移設に反対する伊波洋一さんが、自民党の現職島尻安伊子さんに10万票の大差をつけて圧勝しました。



    沖縄選挙区選出の国会議員は6名(衆議院4名、参議院2名)。伊波さんの当選により、全員が非自民、新基地反対の立場になりました。


    思い返せば2013年11月。当時の石破自民党幹事長の恫喝に屈し、沖縄県選出の自民党国会議員(5名:うち1名は比例)全員が、新基地容認に寝返りました。



    あの日から沖縄県民は、2年半の時間をかけて、仲井真前知事を落選させ、自民党国会議員の全員を落選させたのです。

    えも言われぬ達成感。実にいい気分です。


    島尻さんの支持者達は、米軍属による事件や地元紙の偏向報道を主な敗因と考えているようですが、こんな言い分を「人のせいにする」と言います。

    もちろん、米軍属による事件は少なからず影響があったでしょうが、そのことだけで10万票の説明にはなりません。そして選挙期間中の地元紙は、両候補に充分配慮した記事を掲載していました。


    島尻さんがNHKに敗戦の弁を述べました。

    「普天間飛行場の辺野古移設問題が私の敗因とするならば、それは真摯に受け止めなければならない」

    さすがは大臣。まったくその通り。島尻さんの発言に、私は初めて「その通り」と声が出ました。

    だけどそれは選挙前から分かっていたはず。何故、島尻さんは基地問題を争点とし、正面から、新基地が必要であると訴えなかったんでしょう。そこを争点にすると当選できないと思ったんでしょうが、それではそもそも勝負になりません。

    沖縄の貧困解消などと訴えるのは、明らかな争点隠し。それを選挙戦術と呼ぶのなら、沖縄県民を馬鹿にしています。まして島尻さんは閣僚の一人。新基地の必要性を訴えるのは、彼女の役割であり責任でもありました。


    公明とおおさか維新の支持を得たことで、島尻さんの基礎票は伊波さんと互角。無党派層の支持を得るには、正攻法で戦ったほうが良い結果が得られたでしょう。また、彼女がそうはしなかった(できなかった)ことが、大敗の原因に思えます。

    (続く)


    コメント
    私も開票速報を注視していましたが、まさか開票直後から当確が出るとは思いませんでした笑

    得票で特に注目すべきは、南城市はじめ本島の全市で勝った事です。おそらく伊波氏支持というより反島尻といった構図が正しいのではないでしょうか? やはり参院補選から今日までの彼女の歩みを県民はしっかり見ていますね。
    宜野湾市長選時の政府の主張する真の民意を今回の参院選結果で見事に吹っ飛ばしてくれました。
    ホント「スッキリ」です。

    財源の多くを補助金に依存している離島区ではやはり自民が強いですが、宮古、石垣は予想以上に伊波氏は善戦してますね。しかし漁業関係者にとっては中国の脅威は影響あると思いますからこの点では県にも適切な対応が必要かとも思います。

    最後に、島尻氏が選挙戦で安全保障、特に中国脅威論に言及しなかったのは何故なのか?私もブログ主様同様、 この点を争点に出来たとしたらかなり接戦になったと思うのですが…
    中国観光客の経済効果もあるからなのか、それとも家業(日本語学校)の手前、中国批判が出来なかったのか? 何か裏がありそうです。
    • 影なる読者
    • 2016/07/13 9:43 PM
    県知事選以上の差がつきましたねぇ。

    島尻安伊子は選挙区を避けて比例区に出るのかと思ってましたが、いくら大臣でも集票能力は今井絵理子が上なんでしょうね。

    しかし、辺野古容認に転じた後、沖縄県民の気持ちを逆撫でするような発言を続けてましたが、選挙はどうするつもりだったのか、そこが分かりませんでした。

    形勢不利にもかかわらず、懸命に支持を訴える姿は健気に見えました。そのあたりが大臣にまで駆け上がった秘訣なのかと思ったりもしましたが、まあ、どうでも良い話です(笑)
    • coralway
    • 2016/07/14 3:12 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM