<< パーシャクラブのメンバーは何処に住んでいるのか | main | オバぁのお迎え >>

仕事が無いのに、何故早く終われないのか

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    某青果店の勤務時間は午前5時半から11時半までの6時間と、午後1時から4時半までの3時間半。

    午前中は結構本気モードで仕事を進めますが、そこを上手く乗り切れば、その日の仕事は終わったようなもの。午後は時間が短いこともあり、惰性で仕事が終わります。


    今日は海の日で保育園はお休み。配達が無いのですから、どう考えても午前中で仕事は終わります。



    そして午前11時。明日の仕入れも終わり、私は後片付けに入ろうとしていました。

    A「もう一回、市場へ行ってきょーね」

    C「えっ、これからね。朝行ったじゃん」

    A「まだ、パパイヤシリシリとバンナがあるわけよね」

    C「そんなの朝からわかってただろ」

    A「朝はよ、バタバタして落ち着かないわけよね。しょれに何か足らないモノが出てきたりするからやぁ」

    C「そらそうだけど、パパイヤとバナナを朝取っといて、何事も無ければ二回目は無しってできないの?」

    A「これからしゅぐ出るからよ。12時には帰ってくるさ」


    そして昼休み。私が駐車場で昼寝をしてたら、Aが市場から帰って来ました。

    A「こっちの車のほうがエアコンが効くからね。こっちで寝ようね」

    C「ええけど助手席はやめなさいよ」

    A「フォッ、フォッ、フォ。荷物室で横になるさ」


    そして午後1時。

    C「おい、店に戻るで」

    A「昼休みが30分遅れたから、あと30分寝とこ〜ね」

    C「はいはい、ごゆっくり」


    そして午後1時半。

    店に帰ってきたAは市場の伝票を広げ、それをめくったり戻したり、めくったり戻したりしています。

    2時になり、2時半になっても、めくったり戻したり。

    C「おい、何のお勉強だ?」

    A「あっ、もう終わるさ」

    C「お家に帰りたくない理由があるなら聞くで」

    A「しょ、しょんなことないさ。はい終わったさ」


    私は野菜屑のカゴを表に出して、シャッターを閉めました。

    C「お母さん、今日はこれで終わりましょうね」

    母「はい、お疲れ様。A君、湧田の支払いに行ってきて」

    C「じゃあな。俺は帰るで」

    A「えっ?」

    C「えって何なの(笑)」

    A「一緒に終わらないわけ?」

    C「ふざけんな、お前のお勉強が終わるのを俺は・・・」

    A「わかった、わかった。わかったさ」


    私が何も言わなければ、Aは4時半まで、伝票をめくったり戻したりしてたんじゃないかって気がします。

    その目的は何なのか。

    やっぱりお家に帰りたくないのか。

    ど〜考えてもわかりません。

    Aが湧田から戻ってくるのを待って、そのあたりのことをハッキリさせるか、とチラッと思いましたが、面倒なのでやめておきました。


    皆様、今日も一日、お疲れ様でした。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM