<< 小桜の塔と海鳴りの像(1) 小桜の塔 | main | 台風18号くるか? >>

小桜の塔と海鳴りの像(2) 海鳴りの像

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    旭ヶ丘公園にあるもう一つの慰霊碑が海鳴りの像。こちらは、対馬丸以外の戦時遭難船の犠牲者が祀ってあります。



    対馬丸ほど知られてはいませんが、沖縄県民を乗せた多くの輸送船が攻撃を受け、海底に沈みました。その数25隻(対馬丸を除く)。


    同じ戦時遭難船でありながら、対馬丸とそれ以外を区別することになってしまいましたが、それだけ対馬丸のインパクトが大きかったということでしょう。

    それにしても、対馬丸は船体もしくは遺骨の回収が検討されたり、対馬丸記念館が建設されたりで、海鳴りの像の遺族の気持ちとしては割り切れないものがあるでしょうね。

    天皇、皇后両陛下が対馬丸記念館と小桜の塔を訪問された際、海鳴りの像にも立ち寄って欲しいと声が上がったようですが、残念ながらそれは実現しませんでした。

    像の場所は対馬丸記念館のすぐ近くですから、記念館や小桜の塔を訪ねる際は、併せて立ち寄るよう心がけたいものです。


    さて、海鳴りの像の作者は宮良瑛子さん。首里在住の画家です。



    ナイチャー嫁の宮良さんは復帰前の沖縄に初めて来て、市場で働くアンマー達の躍動感に魅了されたそうです。以降、宮良さんの作品のキーワードは、沖縄、平和、アンマー。海鳴りの像を製作したのは1987年のことでした。



    次の写真は、海鳴りの像に似た構図の代表作「哭」。想像を絶する体験をした沖縄が、力強く歩き出していることへの感動が創作意欲をかき立てました。




    宮良さんは81歳の今も現役です。首里久場川町で創作活動の傍ら、絵画教室を開かれているそうです。

    この方が先生なら、是非、ウチの娘達を教室に通わせたいものですが、娘達はとっくに成人し、さすがにそれは遅かったか(笑)。

     


    コメント
    私の姉弟(長女)は、被災した対馬丸で宮崎県に疎開する予定だったそうですが、
    「祖母が持たせる物がある。」とのことで、対馬丸の次の疎開船で疎開をして「九死に一生」を得ました。
     何故か、姉は今だもって波の上の疎開被災者の慰霊碑には、足が向わないのです。

    「海鳴りの像」の母の乳房の前に、首の折れる我が幼子を見つめる姿に・・・
     唯々、涙と親の際限のない庇護の愛を感じます。
    どんなことがあっても戦は、やってはいけない。
    • へそまがり
    • 2016/09/30 9:07 PM
    >「祖母が持たせる物がある。」

    良かったですねぇ。おばあさんのチカラでしょうか。

    私は対馬丸の生存者とお会いしたことがありますが、私にはもちろん、家族にもその話はされないそうです。
    • coralway
    • 2016/10/01 6:18 AM
    対馬丸に限っての学童疎開者は靖国神社に合祀されています。
    天皇参拝は遺族会の強い要請があっただろうと容易に想像されます。
    沈没後に限られた数のイカダでは、船員が子供を救助するのですが、戦時中ですから当然、元気な男の子を優先します。
    骨折していたり、油を飲み込んでふらついている子は蹴落として、兵隊で活躍するであろう見込みのある子を引き揚げます。
    当然、女の子より男の子が優先されます。
    助かりたい一心でイカダにすがりつく人の足を引っぱるシーンは、あらゆる沈没後に見られるものです。
    鮫にも襲われましたし、3日も経つと幻覚症状を起こして、家に帰るつもりで海の中に沈んでいきました。
    助かって帰沖しても、憲兵に口外するなと脅されています。
    対馬丸の沈没は憲兵により極秘にされていましたが、瞬く間に噂となり、校長の家には父兄が押し寄せ、子供を返せと怒鳴られました。
    魚雷を避けるために之の字航行しなかったのでやられたのでしょう。
    • 阪神
    • 2016/10/01 7:05 AM
    米軍は対馬丸の出航予定まで把握していたようですね。

    それにしても、軍艦ではない船を沈めて、米軍にどんなメリットがあったんでしょうか。無茶をしますよねぇ。
    • coralway
    • 2016/10/01 8:13 AM
    >軍艦ではない船を沈めて、米軍にどんなメリットがあったんでしょうか。

    日本軍は民間船で軍事輸送をしていたのを米軍は知っていました。
    戦争になれば国際法は破られます。
    ただ殺すだけ。
    それ故、二度と戦争はしないと誓ったはず。
    もし今度戦争するなら、二度と人間が生存できないようにまで荒れ果てた方がいいですね。
    • 阪神
    • 2016/10/01 9:20 AM
    なるほど。確かにそうなりますね。

    反戦平和を訴える人達を「平和ボケ」と言う人達がいますが、好戦的な人ほど戦争の実態を知らないようで、それこそ「平和ボケ」と言えますね。
    • coralway
    • 2016/10/01 10:21 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM