<< サンエーお買物券はどうなっとるのか | main | 待機児童を解消する気はあんのか >>

お客様が納得できる言葉でないと

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    商品を納める際には納品書が必要です。お客様は注文書、納品書、商品の三者をチェックして、過不足が無ければ納品書にサインをします。本来はね。

    それを某青果店では、2週間分の納品書をまとめて渡すため、保育園の調理師は過去に遡ってチェックしています。

    どうしてこんなことになっとるのか。

    保育園の経理担当は2週間に1度しか費用が把握できないのですから、仕事に真面目に取り組んでいる人ほどイライラするはず。



    ところが、納品書を作成しているのは86歳のオジぃ(某青果店社長)。パソコンの前に座り、玉ねぎ2キロ、豚肉3キロなどと、入力しつつ値付けをします。

    それを11ヶ所の保育園に納品した2週間分、一気にやるのですから、これはまさにスーパーオジぃ。よく根気が続くものです。


    さて、ある日のスーパーオジぃはパソコンの前でため息をつきました。

    「やれやれナンギだな。だけど今日のうちに片付けないと、Cがガミガミ言うからな。Cは従業員で私は社長だよ。それをあいつは分かってんのかね。元はと言えば、これは月に一度だったのに、Cが来てから2週間に一度になったんだよ。あ〜!!。もう今日はやめたっ!!」


    そして、その翌日。

    C「えっ、できてないの?」

    社「残りは明日っ!!」

    C「何言うてるんですか。お客様が『せめて1週間』って言うてるところを2週間で了解してもらってるんです。期限は譲れませんよ」

    社「昨日は忙しかったんだよ」

    C「私に言い訳しても駄目です。私はお客様の代弁者ですから、お客様が納得できる言葉でないと」

    社「もう時間が無いっ!!」

    C「じゃあ昼から届けますよ」

    社「分かった分かった。昼までにやるさ」


    営業職で頑張る皆さん。沖縄選出の国会議員と同じです。沖縄の立場で政府に物申す議員がいれば、政府の立場で沖縄を説得にかかる議員もいます。

    どちらに正義があるのかは明らか。相手がたとえ社長であっても、お客様の立場に立っていれば、最終的には会社の利益に繋がり、貴方の評価も上がります。

    ユメユメ、社長の立場に立たないように。そこのとこ、どうかよろしくお願い致します。
     


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM