<< 久高島の散歩(4) 島の所有者 | main | 久高島の散歩(5) 尚徳王とクンチャサ >>

まるで子供の喧嘩

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    今朝の農連市場。コンニャク屋の前の狭い道路で二台の車が睨みあっています。



    気の済むようにやればいいけど、コンニャクを荷台に積んだ、私のバイクが進めません。


    手前の軽自動車が鳴らし続けるクラクションが市場に響き渡りますが、譲らないのが奥の車のオジぃ。

    タダならぬ様子に市場の人達が集まってきたものの、あまりにもしょうもない喧嘩の原因を知り、

    「どっちが勝ったか後で教えてね」

    「うん、わかった」

    などと会話しながら、それぞれ仕事に戻っていきました。


    いまだに鳴り止まないクラクション。

    「いったい誰やねん」と軽自動車の運転席を覗けば、そこに座っていたのはあのコロッケ君でした。こいつは、某青果店の長女にコロッケをプレゼントする度胸も無いくせに、オジぃには強気にでるんだね。情け無い。

    そこへ現れたカマボコ屋のトモコオバぁが、

    「(闘牛の)ゆかり号みたいだねぇ」

    と(笑)

    結局、市場の「元」ニーセー達が退避場所により近いオジぃをなだめ、市場は静けさを取り戻したのでした。


    さて、コンニャク屋を出た私が向かったのはカマボコ屋。トモコオバぁは、このように申しておりました。

    「ウチが男ならよ、両方をポカッとやってそれでお終いにするさ。ニィニィ(私)はウチと喧嘩しない(で)よ。『トモコと喧嘩して勝った』って言ったら笑わりんど」


    笑われたのはコロッケ君でした。市場の人達に「やっぱりあいつか」などと言われ、男を下げたのでありました。チン。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM