<< 読谷村 キロロの故郷 | main | 琉球王朝の街道「国頭方西海道」(1) >>

読谷の懐かしい風景

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    7〜8年前、沖縄に通い始めたころ、ホテル日航アリビラを気にすっかり入ってしまい、読谷は馴染みの場所となりました。

    柔らかい朝日の中、まだ眠っているアリビラです。

    CIMG4450s.jpg

    昨年の投稿で アリビラの民謡バーと、二人の民謡唄者を紹介しました。

    ナークニーの名手、山内昌春さんが経営する店「一番友小(どぅしぐわー)」は、読谷村楚辺にあります。

    CIMG4451s.jpg

    優しい表情の暖かい印象の方でした。

    山内昌春s.jpg

    もう一人の唄者、国吉真勇さんのお店「かぬしゃまよー」は、読谷村大木にあります。

    CIMG4452s.jpg

    沖縄で「デュエットしたい歌手NO1」なのだそうです。

    国吉真勇s.jpg

    沖縄民謡界の重鎮と言われる唄者は、登川誠人さんや知名定男さんですが、CDの売り上げランキングでは、このお2人が一位と二位だそうです。

    沖縄の橋幸雄と舟木一夫という感じですかね。

    記憶を辿りつつ、観光客の私に付き合ってくれた與那覇さんや照屋さん(通称てるりん)の顔を懐かしく思い浮かべながら、2軒のお店を再訪しました。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM