<< 海抜50センチと150メートル | main | サンエーの忘れ物注意ポスター >>

渡名喜島で起きた事件

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    那覇の北西60キロの東シナ海に浮かぶ渡名喜島。空港は無く、那覇と久米島を往復するフェリーが途中で立ち寄ったり立ち寄らなかったりします。



    集落は一つで、その人口は約400人。島で唯一の学校、渡名喜村立幼小中学校には約30人の生徒が通っています。集落全域が国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されているので「商業資本が入っていない竹富島」と考えれば、島の風景がイメージできそうです。



    渡名喜村は全国で2番目に人口が少ない自治体だそうです。農連市場で働いている人の数がそんなところですから、シマのサイズを実感できます。


    去年、この島で汚職事件がありました。村の教育長(56)が島の施設の建設工事で、島出身者(67)が社長を務める那覇の工務店に便宜を図り、30万円の賄賂を受け取ったというもの。教育長も社長も既に逮捕されています。それぞれ、きちんと罪を償っていただきたい。

    ところで、教育長は本当にその30万円が欲しかったんでしょうか。次の給料日まで待てば手に入る額なのにねぇ。信用と仕事を失うリスクを考えれば、私なら3千万円でもお断りです(3億ならヤルかも)。


    島の選挙(村長選や村議選)を考えてみましょう。村の有権者は候補者の生い立ちから人となりまで熟知しているので「アレならいい」とか「アレは駄目」とか正しい判断ができそうです。都会の選挙のように、候補者の公約を信用して一票を投じるなんてアヤフヤなことにはなりません。

    であれば、村長にはそのポジションに相応しい人が選ばれ、村の教育長には村民の賛同が得られる人が指名されるのではないかと思えます。大事な子供達の教育責任者ですからね。

    そこのところはどうなのか。農連市場で渡名喜島出身のオバぁに聞いてみました。

    「アレはそんなことをする子じゃないから、何かの事情があるはずよ」

    素晴らしい(笑)。私はこのオバぁを信用しているので、その評価を疑いません。


    社長が67歳で教育長が56歳。島で二人はどんな関係にあったのか。その工務店は私の自宅のすぐ近くですので、さっそく仕事の帰りに寄り道して、

    「お〜い。えらいことやがなぁ。たいへんやなぁ」

    と声をかけてみました。

    ウソです(笑)


    国の法律や自治体の条例とシマのルールが異なることは普通にあるでしょう。それをどのように折り合いをつけているのか。

    この事件の判決を聞いて、オバぁの言う「何かの事情」を知りたいと思います。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM