<< 沖縄芸能公演「五つ星ちゅら美ら」(1) 知花小百合さんの活躍 | main | 沖縄芸能公演「五つ星ちゅら美ら」(3) 佐辺のお母さんの心配事 >>

沖縄芸能公演「五つ星ちゅら美ら」(2) セットリスト

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    一昨日の沖縄芸能公演「五つ星ちゅら美ら」。



    そのセットリストです。

    (1)海の恵み

    海の声、海のちんぼーら、海やから、糸満乙女、谷茶前

    (2)山の恵み

    スンサーミ、マミドーマ・稲しり節

    ここまでが唄と踊り。沖縄の音楽はどうしてこんなに心地よいものかと思います。どの曲も聴き逃すまいと、つい一生懸命に聴いてしまいますが「心地よい時に何で一生懸命にならなあかんか」っちゅうことですわ。心地よければウトウトするのが自然で「あ〜、このまま眠りたい」と思いつつ、それはあまりにも惜しいので、また一生懸命聴いてしまうと(笑)


    (3)民謡

    なりやまあやぐ、赤田首里殿内、十九の春

    川満香多さんは宮古の人だったんですね。なりやまあやぐは宮古の教訓歌。なりやまは慣れてる山の意味で「慣れてる山だからと言って、(油断して)そこに染まってはいけませんよ。女性に惚れてしまって、仕事をさぼるのも駄目です」みたいな歌詞です。遊んでばかりいる息子に向けた唄でありながら、息子は毛遊びに出掛けて、なりやまあやぐを唄うわけよね。つまり、馬の耳に念仏(笑)。赤田首里殿内で登場した知花小百合さんのミルクは笑いました。サービス精神が旺盛な人ですねぇ。


    (4)空手・太鼓

    空手の演舞は、当初、良和君、知花さんの順だったはず。良和君が欠場し、知花さんが二度やるわけにもいかず、良和君の代わりに本物の空手の先生を連れて来たようです。長嶺朝一郎さん。よく来ていただけました。何しろ朝頼んで、その日の夜が本番って(笑)

    太鼓の伊波はづきさんは、唄三線をやりつつも、本業はパーカッショ二ストだそうで、なるほどの腕前でした。隣の川満さんは一つ前に投稿した通り、私の生涯一で、もはや異次元の太鼓。


    (5)エイサー

    南嶽節、テンヨー節・いちゅび小

    川満さんが、叩いていた太鼓を肩にかけてエイサーに移行。テンヨー、テンヨー、しとりとてん(^O^)/


    (6)フィナーレ

    黒島口説、クイチャー、唐船どーい

    宮古のクイチャーを久しぶりに聴きました。クイ(声)をチャース(合わす)でクイチャー。落ち込んだ時に聴けば元気になる曲です。出演者達は満員の観客全員を強制起立させて、踊りのレッスンを始めました。それは踊ればなお元気になるってことよね。

    (続く)


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM