<< 沖縄芸能公演「五つ星ちゅら美ら」(3) 佐辺のお母さんの心配事 | main | 大家のオバぁの話 >>

ざわわ、ざわわ、ざわわ

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    読谷のさとうきび畑に来ました。



    この近くに故寺島尚彦さんの名曲「さとうきび畑」の歌碑があります。



    民間の歌碑建立委員会が寄付を募りチャリティを開催して建立にこぎ着けた歌碑で、完成後に読谷村に寄贈されています。用地は歌碑建立に賛同した地主から提供を受けました。



    歌碑は「鉄の雨」をイメージした耐候性の鋼が用いられ、その表面に歌詞が刻まれています。



    ざわわ ざわわ ざわわ
    広いさとうきび畑は
    ざわわ ざわわ ざわわ
    風が通りぬけるだけ
    あの日鉄の雨にうたれ
    父は死んでいった
    夏の陽ざしの中で


    歌碑からは一面のさとうきび畑と、その先に読谷の海が望めます。写真中央やや右にアリビラ。




    沖縄を訪れた寺島さんは摩文仁で曲想が浮かんだものの、さとうきびが揺れる音を表す言葉が思い付かず、それを「ざわわ」に決めるまで約ニ年を要したそうです。

    「さとうきび畑」では「ざわわ」が66回(6回×11番)繰り返されていて、歌碑にはその言葉への敬意を示す66本のポールが立てられています。




    米軍は残波岬付近から、嘉手納、北谷までの広い範囲で沖縄に上陸しました。その中で弾薬や燃料などの物資が大量に運びこまれたのが、比謝川河口の渡具知海岸でした。



    むかし海の向こうから
    いくさがやってきた
    夏の陽ざしの中で


    今、その場所はビーチや公園が整備されていて、家族連れなどで賑わっています。



    ざわわ ざわわ ざわわ
    風に涙は乾いても
    ざわわ ざわわ ざわわ
    この悲しみは消えない


    「さとうきび畑」は森山良子さんをはじめ、多くの歌手が持ち歌にしていますが、ここでは上条恒彦さんの歌をリンクしてみました。(→こちらから)


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM