<< 今日はバレンタインデー | main | ジュリ馬の日程が変更されたようです >>

仕事をせぇ〜よぉ

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    私は某生命保険会社のカウンターにいます。



    以前から、広島の母が私に生命保険をかけていたのは知っていましたが、その保険は私が70歳で終了するそうで、それを終身保険に変更するとのこと。

    70歳と言えば11年先。私が70歳なら母は92歳です。母は心身共に元気ですが、92歳になった時のことまで考え始めたようで、たいへん結構なことです。


    今日の午後。私は生命保険会社に呼び出され、最寄りの支店に出向きました。被保険者になることの同意書にサインをし、健康告知(「今ガンですか?」、「いいえ」ってやつ)に丸をつければいいはずです。

    さて、カウンターの向かいには若くて美人の職員が座りました。

    美「それでは、ご契約に関する注意事項からご説明いたします」

    C「契約者は母だから、必要無いんじゃないの?」

    美「でも一応は。当社は生命保険契約者保護機構に加入しておりますので、万一当社が経営破綻致しましても契約は保護されますからご安心下さい」

    C「安心するのは母でしょ」

    美「今日を含めて8日以内なら、クーリングオフが可能です」

    C「私は契約者ではないのでクーリングオフはしません」

    美「でも一応は」

    C「被保険者に関係するところだけ説明してよ」

    美「お客様が万一入院された場合、こちらの金額をお支払い致します」

    C「私に?」

    美「はい」

    C「違うだろ」

    美「と、おっしゃいますと?」

    C「貴女、契約者と被保険者の区別がついてる?。保険金は契約者の口座に振り込むんでしょ」

    美「確認してまいります」

    C「悪いけど、確認しようとしてる人に来てもらって」

    美「かしこまりました」

    その後、その美人職員の上司が席に着き、手続きは5分で終わりました。


    「ふざけんな」と言いたい。

    その美人職員は、手元の書類を読み上げつつ、サイン欄になったらサインさせ、告知欄になったら丸を付けさせようとしていました。つまり、その手順以外のことはできないんです。

    商品知識も無ければ、契約行為に関する知識も無い。書類の文字を読み上げることを仕事と思ってんのかな。

    上司に接客を指示されたとしても「私には無理です」と言うべきところ、「うるさい客が来たので代わって下さい」とでも言ったのでしょう。

    プロ意識の持てない人は、窓口に座って無意味にニコニコしていなさい。

    ほんま、腹立つわぁ。


    コメント
    Cさんの気持ち
    ヒジョ〜によく解る!
    私は こういうの もぉ
    はじめから諦めちゃうタイプなので
    ここで 熱く 腹立ってるCさん
    まだまだいい人だなぁ〜って思います。
    • ひらひら
    • 2017/02/24 8:13 PM
    そんなふうに言われると恥ずかしいじゃないの(笑)

    ほんと、いい歳してすみません。

    • coralway
    • 2017/02/25 1:54 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM