<< ナイチャーの言うことは聞き取りづらいか? | main | 将棋連盟の迷走(2) 第三者調査委員会の判定 >>

将棋連盟の迷走(1) 渡辺竜王の告発

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    昨年10月。プロ棋士の渡辺竜王と挑戦者の三浦九段は竜王のタイトルを賭けた対局を行う予定でした。ところが渡辺竜王は将棋連盟に対して三浦九段にカンニングの疑いがあると告発したのです。

    渡辺竜王(32:左)と三浦九段(43:右)。



    そして、将棋連盟は渡辺竜王の告発を認め、三浦九段に対して年内対局禁止の処分を下しました。三浦九段は竜王戦への挑戦権を剥奪され、年内の対局はすべて不戦敗となりました。


    カンニングとは、三浦九段が対局中にスマホで将棋ソフトを使ったというもの。今や、将棋ソフトはプロ棋士よりも強くなってしまったので、カンニングができてしまうのです。

    将棋ソフトがプロ棋士より強くなってしまったのは、例えれば、マラソンを人間より早く走れるロボットが現れたようなもの。そのことでマラソンランナー(プロ棋士)の価値が下がることはありません。

    私達はマラソンランナーがスタートするまでのストーリーや、苦しみながらもゴールするまでのプロセスに感動するのです。ロボットが人間より早くゴールしたからと言って、それはマラソンとは言えません。ロボットはゴールしても喜びませんし、それを見た私達が感動することもありません。


    しかし、プロ棋士より強い将棋ソフトが現れたのですから、将棋連盟は対局前に棋士のボディチェックを行うなど、カンニング対策を施す必要がありました。もしくは、プロ棋士がカンニングなどしないと確信するならば、渡辺竜王の告発を直ちに却下すべきでした。

    将棋連盟のどっちつかずの姿勢が、今回の騒動を引き起こしてしまったということ。「将棋ソフトがプロ棋士に勝つのは永遠に無理」、もしくは「少なくとも自分が生きてる間は無理」と思っていた人達ですから、備えがまったくできてなかったのですね。

    (続く)


    コメント
    将棋ならAIの勝ちでしょう。
    ただし自動運転はどう考えても無理ですね。
    事故予防に使われるだけでしょう。
    ところで与儀公園で夕方からおじさんたちが集ってやっているのは将棋でしょうかね。
    ブルーシートがあるから雨でもやってますね。
    あのような集まりって最高ですね。
    やっぱり難しいですか。そうでしょうね。

    与儀公園には将棋と囲碁のサークルがあるようです。カネヒデの向かいあたりですね。
    • coralway
    • 2017/02/28 11:50 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM