<< 絶対に許せん!! | main | ウーマクミエコと魔女のキキ >>

農連市場で今朝の会話

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    保育園は卒園式。某青果店は暇な週末を迎えています。


    (1)相棒Aの感違い

    毎朝私は、バイクで農連市場を一巡し、その日の仕入れをします。今朝は卸売市場に行かなかった相棒Aが店にいて、なにかゴソゴソしてました。

    A「あっ、Cさん。バイクを一回借りるよ。一回だけだからね。一回ね」

    C「ええよ」




    Aは少量の葉野菜を仕入れてすぐに帰ってきました。

    母「支払いはしたの?」

    A「後で行くさ」

    母「い〜や、今行きなさい」

    A「後でって言ったのに、今行ったら変なぁさ」

    母「何言ってる。行きなさい」

    A「・・・」

    C「おいおい、バイクは一回って言うたんちゃ〜うんかい。俺が仕事にならんで」

    A「だから後でって言ってるさ」

    そのすぐ後、冷蔵庫でAと二人になったら、こいつの機嫌が悪いのよね。

    A「あんな言い方はないだろ。一回とは言ったけろ、オカアのせいであんなぁなりかけたわけさ」

    C「はぁ?。なんか感違いしとるだろ」

    A「してないさ」

    C「悦っちゃんとこには後で注文に行くから、二度手間になるんだろ」

    A「えっ、よく分かるね」

    C「じゃあ、あとは考えなさい(笑)」

    A「・・・」




    (2)トモコオバぁの超能力

    農連市場の各仕入先には、前日に翌日分を発注します。今朝の丸カマボコの仕入れは17本でしたが、昨日それをカマボコ屋のボードに貼った記憶がありません。

    ノートのチェックマークを見れば発注書は書いてるのに、握りつぶしたか、風で飛んだか。

    ト「あっ、ニィニィ、おはよう。準備してあるよ」

    C「へっ?、何を?」

    ケースを覗くと、丸カマボコが17本入ってるじゃないですか。しかも、7本、6本、4本に正しく分けてある。

    このオバぁはやっぱりユタなのか。

    時々、惣菜通りの真ん中に立って、空を見上げてるのよね。あれはやっぱり、天と交信してるんだはず。

    C「なっ、なんで知ってる?」

    ト「ニィニィの考えくらい分かるさ」

    C「いきなり17本もあるんかなと心配したわ」

    ト「じゃあ、良かったさ」

    何で知ってんのかは「じゃあ、あとは考えなさい」と自分に言って、私は竹輪の仕入れに向かったのでした。

    C「驚かすわぁ。やっぱりトモコはユタやで」

    竹「ユタね?(笑)。どうして?」

    C「頼んでもないカマボコが揃っとるわけよ」

    竹「アハハ、そりゃあユタかもね」

    C「前々からアレは何かあると思ってたのよ」

    竹「私が注文したのよ」

    C「ん?」

    竹「昨日、竹輪の注文くれたでしょ。そこにカマボコの注文がくっついてたわけ」

    C「あっ、そうなんや。で、それをトモコに渡してくれたの?。ありがとう〜」

    竹「謎が解けて良かったわね(笑)」


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM