<< 農連市場で今朝の会話 | main | 大関照ノ富士の無念 >>

ウーマクミエコと魔女のキキ

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    沖縄をテーマにした映画は数多くありますが、やはり私のイチオシは「ホテル・ハイビスカス」であります。



    辺野古周辺のロケ地を訪ねたり( →「ホテル・ハイビスカス」再訪)、

    知り合いの公認会計士がミエコの叔父さんだったり(→蔵下穂波に会えるかも)、

    前職の取引先常務がガッパイ君のお父さんだったり(→元世界チャンピオン 平仲明信さん(2))、

    元同僚が照屋政雄さんの甥っ子だったり(→映画「ホテル・ハイビスカス」のガッパイ君)、

    そうした、沖縄に住んでいればこその出来事があり、保育園の園児をはじめ、ミエコのようなウーマクがそこら中にいることが、より映画を身近に感じさせてくれます。


    改めて映画「ホテル・ハイビスカス」を振り返ってみると、この作品のテーマは「ミエコの成長」と言えるでしょう。

    子分のミンタマーやガッパイを引き連れて、楽しい毎日を過ごしていたミエコでしたが、母ちゃんとサチコネェネェが、サチコの父親と会うためにアメリカへ行くことになり、二人がいない夏を過ごすことになります。

    ミエコにとってティーダのような母ちゃんをアメリカに遠ざけることが、ミエコの成長を促す設定になってるんですね。


    そしてある日のこと。アメリカの母ちゃんから手紙が届きました。ところが、父ちゃんはパイナップル農園の手伝いで不在。オバァは山羊と散歩中で、ケンジニィニィはボクシングのトレーニング中。

    「誰もいないやっしぇー!!」

    母ちゃんの手紙をランドセルに入れて、ミエコは一人バスに乗り、ヤンバルのパイナップル農園を目指します。

    父ちゃんに会えないまま日が暮れてしまいましたが、そこでミエコはキジムナータンメーと出会い、ガジュマルの木の上でキジムナー達に囲まれた一夜を過ごします。


    お盆までには帰る予定の母ちゃんが帰らないまま、ウンケーの夜、ミエコは幼くして亡くなった叔母さん(タエコ)と出会います。同じ年頃のミエコとタエコは色々な話をします。そして、タエコがグソーに帰った後、ミエコはマブイを落としてしまいます。

    ミエコはこれまで知らなかった世界を知ることで成長してゆくわけですね。

    映画のエンディングは母ちゃんとサチコネェネェの帰国でした。「かあちゃん、おかえりんご」の横断幕を背に二人を迎えるミエコは、母ちゃんの留守にワンワン泣いたミエコではありませんでした。


    さて、ミエコは既に23歳。



    時々、テレビで彼女を見かけると「おっミエコ。頑張ってるな」と思います。近所の女の子が東京に行って、女優になった感覚があります。


    話は変わりまして、映画「魔女の宅急便」のキキは13歳。9歳のミエコより少しお姉さんです。

    作中、キキは魔法が使えなくなりますね。その理由を宮崎駿さんが「女の子ならわかる」と言ったそうで、キキのファンは「キキは初潮を迎えた」と判断したようです。

    そうなのかなとも思いますが、より広く考えれば「私は誰なんだろう?」、「私やりたいことって何だろう?」、「私は誰かの役に立てるのだろうか?」などと悩んだことが、一時的に魔法が使えなくなった理由なのかなとも思います。



    トンボを助けたい一心で、キキの魔法は蘇りました。ジジの言葉は聞こえなくなってしまいましたが、どちらもキキの成長の証と言えるでしょう。


    キキが初潮を迎えたなんて、私は夢にも思いませんでしたが、魔女の宅急便には熱狂的なファンがいて、ストーリーから色々なことを読み取ろうとしてるそうです。よくわかりますよ、その気持ち。

    どうでもいいような話ですが、この24歳のモデル兼タレントが自撮りの写真をInstagramに投稿し、「キキみたいかな?」とコメントしました。


    そのコメントに、熱狂的なキキファンが怒ること怒ること(笑)

    「ふざけんな、お前24だろっ」、「赤いリボンつけたらキキかいっ」みたいなことですが、その気持ち、よ〜くわかります(笑)


    コメント
    ども〜!(^ ^)/
    “ホテルハイビスカス”本当に良い映画でした。
    σ( ̄^ ̄)も辺野古のロケ地を訪ねたりもしました。
    “渡具地ストアー“や“スナック静”前の坂道とか・・・懐かしいです。

    それにおっしゃる通り・・・
    沖縄は実に身近なところにいろんな人がいます。
    σ( ̄^ ̄)も高良倉吉教授の弟さんと仕事で係わりがあったり、偶然「テンペスト」の作者“池上永一 氏”のお母さんと一緒に酒を飲んだり・・・
    だから・・・うっかり人の悪口など言えません。 A( ̄ー ̄)ニャ

    沖縄・・・ そろそろ衣替えの時期ですね。
    “沖縄の風景”・・・毎日楽しみしております。(^ ^)/
    • JJ花咲
    • 2017/03/25 8:51 PM
    あっ、この映画もう一回見たい!(「ナビィの恋」はビデオテープ持っています)
    ミエコー大きくなりましたね。わたしも大きくなるわけだ。
    超能力のはなし、私も多少、見えたり聞こえたりするたちだったんですけど、結婚して以来、ぱったり無くなりました。
    • すばる
    • 2017/03/25 8:53 PM
    ども〜!
    >すばるさん・・・はじめまして。m(_ _)m
    “ナビイの恋”も面白かったですね。
    σ( ̄^ ̄)出張のついでに粟国島のロケ地も訪ねました。
    出演者がまた素晴らしい。
    登川誠仁、嘉手苅林昌・林次、大城美佐子、それに山里勇吉・・・沖縄民謡の凄い人達がいっぱい。( ̄ー ̄)ニャ
    で、あの〜・・・超能力・・・
     >私も多少、見えたり聞こえたり・・・
    って、何がどんな風に見えたりするのでしょう? (^ ^)/
    • JJ花咲
    • 2017/03/25 10:24 PM
    沖縄へ行き始めたのは1999年です。林昌オトーは生で聞くことが出来ませんでした。
    誠小の誠仁さんとこへは、お宅に上がってお茶を頂きました(ビセカツさんが連れて行って下さった)。この話をしたらウチナーンチュの友だちがあまりビックリしたので私がビックリしました。
    ナビィの恋は、リウボウで2度続けて見て、新潟へ帰って2度見て、東京で1度見ました。いまはサウンドトラック盤をときどき聞いています。

    見えたのはたとえば石のお地蔵さまが目を開けてこっちを見るとか。もうまったくそういうことはないまま年を取りました。
    • すばる
    • 2017/03/25 10:54 PM
    ども〜!(^ ^)/
    >すばるさん、ありがとうございました。
     おお! 誠仁さんとお茶を!
     もう林昌さんも誠仁さんも生で聴くことができなくなってしまいましたね。
    Youtube「嘉手苅林昌・登川誠仁 共演のCM」で検索すると、沖縄そばのCMがアップされていて、なかなか良いです。(^ ^;)

    ん〜・・・やっぱりσ( ̄^ ̄)には霊感がまったくないのか・・・見えません。/( ̄^ ̄;)

    >Cさん
     勝手に盛り上がってしまってすみません。m(_ _)m
    • JJ花咲
    • 2017/03/26 9:51 AM
    ホテルハイビスカスもナビィの恋も大好きです。最近は大城美佐子さんのゴーヤちゃんぷるーに夢中です!!
    • さとうまさこ
    • 2017/03/27 3:32 PM
    大城美佐子のゴーヤーチャンプルー??

    しっ、知らない!!

    主題歌が神谷千尋の「ティンジャーラ」か。そんならいい映画やわ(笑)
    • coralway
    • 2017/03/27 3:45 PM
    多部未華子主演で吹雪ジュンが母親役。東京に住む登校拒否の高校生が、離婚して西表島に戻った母親や島の人たちのあったかさや青い海に元気をもらって、人生を見つめ直すお話。大城美佐子さんは島の宅配業の元気なおばぁ役で、演技が大好評です。レンタルビデオ店に無かったので、アマゾンで買いました。
    • さとうまさこ
    • 2017/03/27 7:47 PM
    あぁ、やっぱりレンタルが無いんや。

    それにしても、なんで宅配役に美佐子さんをキャスティングしたんでしょうね。でも美佐子さんは引き受けたんやから、まあええか(笑)
    • coralway
    • 2017/03/27 8:00 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM