<< 木田大時(ムクタウフトキ)と渡名喜島の子孫達 | main | 香港通りはどこなのか?(1) 女王と女傑 >>

那覇市久米の「くにんだなかみち」

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    「なんやねん」



    このドラゴンは、福州園のやや県庁寄りにいます。

    10年ほど前、交通量の多い市道が改修され、歩道がつきました。その際、その市道を「くにんだ(久米)なかみち」と命名し、入口に龍を置いたんです。

    真正面から見ると「なんやねん」ですが、横から見れば確かに龍。



    長さ300mほどの市道で、左側が歩道です。歩道のピラピラと白い部分は龍の胴体および尻尾だと思います。



    歩道には、このようなポールや、



    ベンチが置かれ、



    それぞれに龍が彫られています。




    そして、十字路には撫子(ナデシコ)や、



    水仙が描かれています。奥の建物は「四つ竹」久米店。



    以前投稿しましたが、久米の旗頭は撫子、水仙、サーフンユーチ、青龍刀の4本です。

    こちらが、サーフンユーチ。斧鉞(マサカリ)です。

    20120617053353_0.jpg

    久米の中央を貫く久米大通り(くにんだうふみち)。かつては通りの東西に大きな門がありました。東門が久米大門、西門が西武門。

    4本の旗頭は、東門地区の2本と西門地区の2本に分かれていて、それぞれの一番旗が戦旗(いくさばた)、二番旗が花旗と呼ばれています。東門の戦旗が青龍刀で花旗が撫子、西門の戦旗がサーフンユーチで花旗が水仙。

    もう1ヶ所の十字路に描かれているのが令将旗(ムーチャンチー)。



    先ほどのサーフンユーチの写真に、三角形の旗が写ってますね。あれです。


    さて、300m歩くと、こちらの端にも標識があり、



    そのてっぺんにはこんなものがありました。




    これは、中国の神話に登場する四神です。「玄武」「青龍」「朱雀」「白虎」は四方の守り神。戊辰戦争で会津藩が組織した玄武隊、青龍隊、朱雀隊、白虎隊が有名ですね。


    あっ、そうそう。歩道にこんなプレートが、私が数えたところ5枚ありました。



    「昔、久米村は風水によって龍脈を基本に作られた。」

    つまり、久米全体が龍ってこと。


    簡単ですが、以上です(笑)


    くにんだなかみちと言っても、区画整理をした後の市道をそう名付けただけですからね。単なる市道に歴史はありません。

    だから、ちょっと、まあ、投稿しててつまんないんですよね。


    コメント
    ども〜!(^ ^)/
    >くにんだなかみち
     何とも懐かしいです。
    σ( ̄^ ̄)住んでいた松山から公園を抜け、那覇商業高校前の道を横断して龍の頭を撫でて・・・“くにんだなかみち”を天妃小学校を目指して進み、西消防署通りを越して“東町”界隈へ。
    クレープハウスビルの“枝”やイバック東町ビルの“ちえ”って店で一杯。
    行き帰りの通り道でした。U( ̄ー ̄)ニャ

    >だから、ちょっと、まあ、投稿しててつまんないんですよね。
     決してそんなことはありません。
     その辺りがかつて“&#38313;人三十六姓”と言われた人達が住み暮らしていた歴史のある地域だと思うと・・・何か趣深いものがあります。
    そういった処を紹介して下さる・・・Cさんに感謝。 m(_ _)m
    • JJ花咲
    • 2017/03/31 10:42 PM
    ありがとうございます。

    「投稿しててつまんない」と言うのは、くにんだなかみちに龍やプレートが最近設置されたもので、投稿が観光ガイドみたいになってしまうという意味でした。

    旧久米村については、三十六姓が琉球で果たした役割をはじめ、たいへん興味を持っています。

    例えば、

    http://coralway.jugem.jp/?eid=655

    などです。
    • coralway
    • 2017/04/01 7:36 AM
    ども〜!(^ ^)/
    >Cさん・・・レスありがとうございました。
    “琉球八景「粂村竹籬」”も読ませていただきました。
    いや・・・よくぞいろいろ調べられました。

    現在のあの場所が、当時はどんな風景だったのか実に興味深いものがあります。
    σ( ̄^ ̄)も北斎の「琉球八景」にある“長虹堤”の片鱗を見つけたくて、崇元寺から十貫瀬道を辿ってみたりもしました。
    那覇バスターミナル“仲島の大石”と“旭橋”辺りの様子、久米大通り界隈など・・・う〜んと唸ってしまいます。( ̄ー ̄;)ニャ

    久米人三十六姓の子孫だという知人もおりまして、やはりその歴史は何とも興味深いものがあります。
    「沖縄の風景」の過去ログも楽しませていただきます。(^ ^)/
    • JJ花咲
    • 2017/04/01 10:08 AM
    本当におっしゃる通りで、私は戦前の沖縄、那覇に強い憧れがあり、このブログ最大のテーマはそこにあります。

    新品になりつつある那覇ですが、微かな昔の香りを感じつつ、街を歩くことが好きです。
    • coralway
    • 2017/04/01 10:16 AM
    先日、就活の一貫で希望の会社が面しているくにんだなかみちを通って来ました。 何だろうくにんだなかみちって?と疑問でしたが疑問が晴れて良かったです。ありがとうございました。
    • ひろりん
    • 2018/07/02 3:21 PM
    コメントありがとうございます。

    就活がうまくいきますように。パン!パン!!
    • coralway
    • 2018/07/02 3:42 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM