<< 香港通りはどこなのか?(1) 女王と女傑 | main | 香港通りはどこなのか?(3) お父さんの証言 >>

香港通りはどこなのか?(2) 金城カネさん

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    琉球新報の書評(7)に名前が出た金城カネさん(1911-1985)は、私がいつもお世話になってる金城商事の創業者です。



    沖縄タイムスが出版した「私の戦後史(第5集)」にカネさんの自伝が掲載されていて、そこに次の一節がありました。

    戦後の混乱期は、食糧確保が第一でキビ作は後回し。また製糖工場も戦火にやられ、ほとんど皆無だった。この悪条件を克服し、昭和26年に大東糖業(宮城仁四郎社長)が戦後真っ先に操業を開始。その翌年には琉球製糖(金城金保社長)が設立された。

    この2社の砂糖を独占的に扱ったのが“三羽ガラス”と呼ばれていた糸満の三人の女だった。幸陽商事の金城慶子氏と照屋商店の照屋ウシ氏、そして私である。香港通りで私の店の両脇にこの2つが並び、3店で競い合っていた。



    さて、この投稿の本題です。

    昭和27年に金城夏子(慶子)さんは36歳、照屋敏子(ウシ)さんは37歳、金城カネさんは41歳。糸満“三羽ガラス”が創業期に軒を並べた香港通りはどこなのか?。

    そこで、私が尊敬してやまないブログを紹介します。

    グダグタβ
    (http://gdgdwktk.blog.shinobi.jp)

    戦前、戦後の那覇に関しては、比較する相手が見つからないブログで、グダグタβ氏により、あらゆる資料が調べ尽くされています。私は全ての投稿を読み終えていまして、その時代の那覇に関する私の知識の基本はこのブログにあると言えます。(残念ながら現在は更新停止中)

    そこに、香港通りに関する投稿がありました。



    グダグタβ氏は、「私の戦後史」を引用しつつ、香港通りの場所を特定しようと試み「おそらく仏壇通りのことではないかと思う」と述べています。

    この投稿を読んだ時の私は、香港通りがどこなのか興味が湧きましたが、グダグタβ氏に分からないものが、私に分かるはずがないと考えていました。


    ところがですね。地図があったのですよ。



    地図の右端。上から4軒目に金城商事とあります。そして、その2軒上に金城夏子さんの幸陽商事が、2軒下に照屋敏子さんの照屋商事があります。この筋道が香港通りで間違いないでしょう。

    その場所は超簡単。まず、浮島通りの壺屋側入口に立ちます。



    次の筋道を右折すると、そこが香港通り。



    地図にある「みつや呉服店」は「みつや繊維」に名前を変えて現存していました。地図では旭通りとなっていますが、香港、台湾などを相手にする貿易商が集まったことから、通称「香港通り」と呼ばれたようです。

    次の写真は「私の戦後史」に掲載されていた創業期の金城商事(商店)です。



    建物の配置が同時とは異なるので正確とは言えませんが、ほぼ同じアングルの写真が撮れたはずです。



    (続く)


    コメント
    >昭和26年に大東糖業(宮城仁四郎社長)

    大道の宮城家をアポなしでピンポン訪問した事があります。
    当時、パイン産業やセメント工場、タバコ、塩と幅広く経営していましたが、やがて衰退する事となります。その原因を調査しました。
    けしてここでは書ける事ではありません。
    大東製糖の本社ビルは、今の国場ビルの隣あたりでしたか。そのビルの1角に琉球セメントの事務所がありました。琉球セメントの1階ロビーに銅像があります。一緒に記念写真撮りました。

    • NAO
    • 2017/04/04 6:39 PM
    丸国マーケットの想い出が印象深いのですが
    今は、どうなっていますか?
    • NAO
    • 2017/04/04 6:40 PM
    大東糖業と言えば壺川東公園の機関車くらいしか知りませんが、衰退に至るドラマがあったんでしょうね。

    丸國マーケットはこんなことです

    http://coralway.jugem.jp/?eid=2567
    • coralway
    • 2017/04/04 7:13 PM
    写真に写っている配達用の大型自転車ですが
    我が家にも戦前から1台ありました。
    この自転車の実物を見る事が出来る場所があります。
    当時の配達風景を再現するために展示していました。
    あれどこだったかな???
    有名な会社でしたが、思い出せません。
    ちょっと調べてみます。
    • NAO
    • 2017/04/04 7:39 PM
    当時の配達風景を再現する展示ですか。それは立派な会社でしょうね。

    是非、思い出して下さい。今も展示されているなら観に行きます。
    • coralway
    • 2017/04/04 8:34 PM
    西洲にある卸商業団地で見たかな

    昔、松山問屋街にあった。
    「湧川商会」ロビーに飾られていました。

    私が、なんでそんな事まで知っているのだろう。
    • NAO
    • 2017/04/04 9:02 PM
    湧川商会のホームページに自転車の写真がありますね
    • coralway
    • 2017/04/04 9:13 PM
    もう、ドキドキ。
    • ひよこ
    • 2017/04/04 9:53 PM
    宮城仁四朗様 琉球セメント、大東糖業
    国場組    建設業
    大城鎌吉   建設業、グランドキャッスル(大城)
    具志堅宗生  オリオンビル 

    4大財閥と呼ばれていました。
    我が家の沖縄農産工業は、おそらく198番目ではなかったかな。そう思っていただけです。
    • NAO
    • 2017/04/05 7:25 AM
    http://gdgdwktk.blog.shinobi.jp/Entry/1360/ に『場所がわからなかった「香港通り」は壷屋でした』と書かれていました。グダグダさんも気がついていたが、修正まで手が回らなかったのだと思われます。

    グダグダさんのブログは私も参考にしています。現在更新されていないのが惜しいです。
    • zu2
    • 2017/04/08 8:53 AM
    なるほど、ありますね。見落としていました。

    zu2さんに引用いただくとPVが格段に増えます。いつもありがとうございますm(_ _)m
    • coralway
    • 2017/04/08 9:43 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM