<< リスケジュールの勧め(1) 例えばこんなこと | main | リスケジュールの勧め(3) チームで行うパズルゲーム >>

リスケジュールの勧め(2) パズルゲーム

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    さて、私の仕事は11ヶ所の保育園から受注した商品を仕入れて配達することです。時間をかければ誰にでもできることなので、慣れてしまえば単調な仕事です。

    それでは仕事が楽しくないので、この仕事を始める際、私は次の3つを自らに課しました。

    (1)定時に配達すること

    保育園の調理師は食材が届くまでの間、調理に必要な準備をしています。それが終わって「はい、ここで来いっ!!」のタイミングで私が到着するのがベスト。そのためには毎日定時に配達することが大切です。

    何かの都合で私が10分早く到着した時に「えっ!!、もうそんな時間?」と声が上がるようなら、私の仕事への評価は高いと言えるでしょう。

    (2)調理師の言うことは何でも聞く

    概ね注文漏れによるものですが、いざ調理を始めると「あれが無いこれが無い」。慌てて私に「届けて頂戴」ってなりますね。正直なところ「やれやれ」ですが、そこはグッと抑えてできることなら何でもやります。

    普段はそんなことを言いそうもない調理師が「ほんとCさんにはいつも助けてもらってる」と口にするようなら合格です。

    (3)所定時間内に仕事を終える

    残業が嫌いってのとはやや違い、必要ならすれば良いと思います。しかし、残業を前提にするのなら(1)や(2)はかなり簡単になります。私は午前、午後の配達の合間に翌日の仕入れしますが、それを残業に回せば時間に余裕が生まれ「どっからでも来い」です。だけどそれでは楽しくありません。

    (1)や(2)から発生し、互いに背反するタスクを(3)の時間に収めることはパズルゲームに似ています。すべてのピースが収まって時計を見上げれば16時30分。私の仕事の達成感はそこにあると言えるでしょう。


    話はやや逸れますが、残業時間が長いことを嬉しそうに話す人がいますね。それは自分の能力の無さを白状してるようなもの。

    もしその人に能力があると言うのなら、その能力に対する負荷が大き過ぎるってことですから、それをマネージャーに訴えるべきです。マネージャーが何らの改善策も講じないのであれば、それってブラック企業ですよね。

    「いやぁ、会社が大変だって分かるからよ。なんとか俺も頑張ってるわけさぁ」

    なんて、役員でもないのに生意気なことを言ってはいけません。


    グダグダ言うだけの投稿は写真が無いので、つい最近撮った農連市場のこの写真。



    「魔界?」な雰囲気を気に入ってましたが、今はこんなになりました。




    (続く)


    コメント
    ブログを読んでると、なるほどなーって事がよく有ります。こんな事を言うと今まで何してた?って言われますね。土曜日の朝、4時半から5時半頃まで市場をウロウロしてましだが蒲鉾屋のオバーに、さっきから何ウロウロしてる!と、言われそうで帰りました。また、来ます。
    • 西谷
    • 2017/04/16 4:53 PM
    あれまぁ、私の出勤が5時半で、トモコオバァのカマボコ屋には45分頃いました。

    また、次回 (^o^)/
    • coralway
    • 2017/04/16 8:30 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて7年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM