<< 落穂拾い的、那覇の石橋巡り(1) 首里鳥堀町の「大橋」 | main | 糸満市米須の潮川 >>

落穂拾い的、那覇の石橋巡り(2) 首里末吉町の「末吉(古)橋」

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    次に向かったのはモノレール市民病院駅近くの「末吉(古)橋」です。橋の側面をコンクリートで補強されてると聞いてますが石橋は石橋。やはり一度は見ておくべきでしょう。

    あっちゃ〜!!



    遅かったかぁ。

    河岸の橋台部分から石橋はもぎ取られ、部材の一部が川床に転がってました。護岸工事は続いてますから、石橋が破壊されたのはつい最近のようです。

    安謝川の洪水対策工事の一環で、人道橋の末吉(古)橋を車道橋に架け替えるのでしょう。



    首里城や識名園などに残る文化財(あるいは観光資源)としての石橋を別にすれば、那覇に残る石橋は、昨日投稿した大橋と下原橋、そして首里の上之橋(イーヌハシ)と下之橋(シムヌハシ)の4本となりました。生活橋としての那覇の石橋は、もはや風前の灯火です。


    googleのストリートビューでは、まだ橋が残っていました。



    橋の周辺では、広い県道(環状線)が通り、モノレールが開通し、新しい住宅地ができました。街の様子が激変した地区に古くからの石橋が残り、住民に利用されることには大きな意味があったと思います。学校、駅、病院などに向かう人達が行き交う現役の石橋だったんですけどねぇ。


    くっそぉ〜。

    洪水対策は必要なんだろうからやってくれていいけど、ついでに橋を壊すことはないだろっ!!

    こらっ、沖縄県庁っ!!。モノを大切にせんとバチがあたるんやぞ。わかっとんのかっ!!

    (終わり)


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.08.14 Tuesday
      • -
      • 08:10
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>
      PR
      プロフィール
      profilephoto


      念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
      Twitter
      お勧めの本と映画
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM