<< 2万7千年前のオジぃ、展示中 | main | 宮里藍さん引退 >>

私がパトカーに「チッ!!」ってなる理由

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    最近、やたらとパトカーが目につきませんか?。



    夜明け前に国場から樋川にバイクを走らせる私ですが、そんな時間でも、ほぼ毎朝パトカーを見かけます。

    本来は「こんな朝早くから、地域の治安維持に努めて下さり、誠にありがとうございます」と、頭の一つでも下げるべきところ、到底、そんな気持ちになれないのが困ったものです。


    昨年発生した元米兵による遺体遺棄事件の後、政府が沖縄のパトロール強化を目的に、県警の警察官を100人増員し、パトカーを20台増強しました。おそらく、その100人が20台のパトカーでクルクル回るようになって、パトカーが目につくようになったんでしょう。

    そこでも本来は「あっ、ナイチからわざわざご苦労様でございます。特に米兵には気をつけましょうね」と申し上げるべきところ、「これは政府の国民に対する監視強化ではないのか」と思う私は、かなり屈折してると言えるでしょう。

    沖縄県に限らずどこの都道府県でも、国パトと県パトの2種類があるそうです。つまり、どちらの予算でパトカーを買ったか。それで、冒頭の写真のようなクラウンが国パトで、プリウスだとか軽だとかが県パト。増えた20台は国パトですから、クラウンが目立つわけです。


    私はパトカーを見ると「チッ!!」ってなりますが、パトカーは私が好きみたいで、時々、配達中に追跡されます。保育園へ配達してるわけですから、私の走行経路は複雑で、思わぬ場所でスージに入ったりします。それが怪しく見えるんですかね。保育園の駐車場でやり過ごし、やれやれと思ったら近くで待ってんのよね。


    沖縄で警察官が嫌われているかと言えばそうでもなく、人気がある警察官はいます。

    例えば、東村の交番勤務に就いた警察官。交番勤務は通常3年程で配置替えになるところ、この警察官は地域の人達から愛され、村内6地区の区長が揃って、勤務の継続を県警に嘆願しました。その甲斐があって、警察官は定年まで東村に駐在し、退職の日には公民館でお祝いが催されたそうです。




    また、与那原署のある警察官はシマクトゥバが得意で、横断歩道では「わたるめー、なーちゅけーん、みじひだり」などと声かけします。特にお年寄りから人気があり、シマクトゥバを使う講師として、安全講習会に引っ張りだこだそうです。



    二人の警察官に共通するのは、地域と交わり、地域の役に立とうとする心構えが見てとれること。地域の人達に嫌われてしまったら、仕事にならないんですよ。本来はね。


    一方、新品のパトカーで那覇をクルクル回ってる警察官は、仕事柄、地域住民と交わる機会が少なく、話をすることがあるとすれば違反キップを切る時くらい。私の偏見と承知の上で言いますと、彼らに「一度は田舎の交番勤務を経験してみたら?」とか、「シマクトゥバを覚えると仕事に役に立つよ」とアドバイスしても、そうはしないように思えます。

    そんな気配をパトカーから感じ取り、私は「チッ!!」となるのですよ。たぶん。


    コメント
    要は、国から派遣された警官は嫌だけど、地元の警官は素晴らしい!
    ということでしょうか・・・?

     それはさておき、近年県がやたらと推す「しまくとぅば」なる謎言語。気持ち悪くないですか?
    私の祖父母は、「しまくとぅばなんて言葉、戦前はなかったよ。」
    と常々話しています。
    coralwayさん、どう思われます?



    • 宜野湾在住小市民
    • 2017/05/26 8:28 PM
    ちょと違ってて、ウチナーンチュの警察官で、地域に入っていく姿勢の人と、そうでない人がいて、私の感想としては後者が多い。

    ナイチから来た警察官は、地域に入ろうとしない人が普通でしょうね。任期の間だけでもそうしようとする人がいるならば素晴らしい。

    シマクトゥバは新しい言葉なんですか?。それは知りませんでした。ウチナーグチと同じなら必要ないと言えますが、語感は悪くないと思いますよ。
    • coralway
    • 2017/05/26 8:54 PM
    与儀公園の前で小学校の横断歩道の誘導していた方がいました。
    あの方も地域住民の要請があって退職後も毎朝交通誘導していました。
    退職の時は、新聞に掲載されていました。

    これは自慢ですが?
    そのおまわりさんに注意された事があります。
    「停止線を守りなさい」
    「はい」
    その注意いらい私は、「良い子」になりました。
    • NAO
    • 2017/05/26 9:41 PM
    いい話ですねぇ。退任後も話題にあがるようなら、警察官として合格ではないでしょうか。
    • coralway
    • 2017/05/26 9:50 PM
    ウチナー口というのは存在しないから、しまくとぅばと20年位前から言うようになったんだはず。
    那覇に標準を合わせると都市部で生きるどこの誰ともわからないマンション暮らしの東京人と同じになってしまうから、シマの言葉で生き生きと語るのが本来の姿だという事でしょう。
    シマの中での濃い人間関係。これがなくなったら沖縄はおしまいです。
    なるほどぉ。さすが。
    • coralway
    • 2017/05/28 10:34 AM
    方言の話しを英語で説明する時dialectw使ったら、外人から違うと言われた。
    languageだって、沖縄の言葉て独立した言語て事出しい。そうだそうだと答えておきました。
    注:実際の会話は全て英語でした。
    • NAO
    • 2017/05/28 10:05 PM
    私は琉球語を日本語の方言だと思っていますが、日本語の中心から最も離れた場所にある方言であることは間違いないでしょう。

    一方で、琉球語を独立した言語だとする考え方もあり、その内容にも一理あります。

    そのようなデリケートな問題を、その外人さんは分かってるんでしょうかね。
    • coralway
    • 2017/05/29 2:20 PM
    安浦さんとか、モンタルバーノ、メグレ警視みたいな刑事さんとかいるといいね。
    伯父が刑事だったけど、ドラマばりに逮捕した人や被害者のご家族を気にかけたらしく、
    弔問のひとが引きも切らず。
    いい人は早く死ぬ、て、ほんとだね。
    1時間で解決するか!って、アンチ「太陽にほえろ」派でした。
    • ikoka
    • 2017/05/29 3:23 PM
    へぇ〜、伯父さんが刑事。やっぱりお葬式でその人の生き方がうかがえるのよね。

    テレビの前で「チッ!!」って言ってる姿が目に浮かんで面白いわ(笑)

    • coralway
    • 2017/05/29 3:35 PM
    うちのおじいさんは海軍の主計士官だったの
    • ikoka
    • 2017/05/29 5:13 PM
    おじいさんの血が流れていると。
    • coralway
    • 2017/05/29 6:15 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM