<< 最近売れてる沖縄芸人(2) 普天間のスナック「白馬」 | main | あ〜、イライラする >>

沖縄1935「写真でよみがえる戦前」

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    今朝、読者のひよこさんからメッセージが届き、戦前の沖縄の写真が大量に見つかったとのこと。

    調べてみると、ありました。(→こちらから)



    1935年に沖縄を訪れた朝日新聞の記者が、名護市、沖縄市、宜野湾市、那覇市、糸満市、久高島で撮影した221枚の写真が、朝日新聞社の書庫で見つかったそうで、その全てを見ることができます。

    ああ。仕事を放り出して、今すぐお家に帰りたい(笑)

    今夜、一枚一枚、じっくり拝見致します。

    ひよこさん、ありがとう(^O^)/


    コメント
    今朝新聞を見てびっくり!全部切り抜きました。よくぞ撮ってくださった、よくぞ保存して下さった、よくぞ発見して下さった。
    本になるといいですね。
    • すばる
    • 2017/06/05 9:16 PM
    ども〜!(^ ^)/
    これは素晴らしい。
    ゆっくり・・・じっくり見ましょうね〜。
    ありがとうございました。 m(_ _)m
    • JJ花咲
    • 2017/06/05 9:20 PM
    帽子クマーのガマの写真がありますね。首里崎山に帽子クマーのガマがありますが写真は何処なんでしょうか。
    • 西谷
    • 2017/06/06 12:36 AM
    すばるさん、JJ花咲さん

    コメントありがとうございます。貴重な写真が見つかって、朝日新聞社には感謝です。

    一方で、「記者が撮った写真は本当にこれだけだったの?」とも思いました。「実はこれは全体の1/5で、残りの800枚が見つかりました」ってことになったら素晴らしい。朝日新聞社にはもっとよく探していただきたい(笑)
    • coralway
    • 2017/06/06 4:19 AM
    西谷さん

    野津唯市さんの画集にガマでパナマ帽を作っている作品があり、首里崎山と南風原大名の間だろうなと思ってました。西谷さんはそのガマに行かれてるんですね。やりますねぇ(笑)

    私も写真を見た時に真っ先に連想しましたが、パナマ帽の製作が当時の沖縄の主要産業で従事者が多数いたことや、記者の撮影ルートを考えると、他の場所なのかなと思ったりしました。「一枚くらいガマの中から外に向かって撮りなさい」と言いたいわ(笑)
    • coralway
    • 2017/06/06 4:26 AM
    バーキ二段重ねとか、プロの技ですね!
    松並木と洞窟で、単純に普天間を連想しましたが、首里にもあったんですね。

    楽しさ全開の子供たちが、一人残らず立派に成長して、大人になっていて
    ほしいと、切に思いました。
    • mersy
    • 2017/06/06 8:58 AM
    mersyさん

    松並木と洞窟の神社は普天間で間違い無いでしょう。こちらの投稿に普天間の松並木の写真を載せてますが、まるで同じです。

    http://coralway.jugem.jp/?eid=3399

    停まっているフォードが朝日新聞がチャーターした車なら、同じ日に撮った写真かもしれませんよ(笑)
    • coralway
    • 2017/06/06 9:27 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM