<< 中城村新垣集落の散歩(4) 新垣集落のノロ | main | 中城村新垣集落の散歩(6) マージグヮーイシ、トーマミチ >>

中城村新垣集落の散歩(5) アラカチガーラ、ヒージャーヌトゥ

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    (1)アラカチガーラ

    新垣集落の西側を流れるアラカチガーラ。



    いい風景なんですけどねぇ。何故、行政は川という川をコンクリートで塗り固めないと気が済まないのか、まったく意味がわかりませんよ。

    この川は二級河川の普天間川ですが、新垣集落内ではアラカチガーラ。川は新垣の最も低い場所を流れてまして、振り向けば小高い山があり、その山の斜面に集落が形成されています。そして山の名前は当然にアラカチヤマ。

    いやぁ、いいですねぇ、この「なんか文句あんのか」みたいなネーミング(笑)


    (2)ヒージャーヌトゥ

    アラカチガーラから斜面を登った先。新垣集落の西口あたりに、ヒージャーヌトゥと呼ばれている場所があります。

    集落のはずれで、そこまで平坦だった道が急な下り坂になる場所は、良い景色が得られます。

    ヒージャーヌトゥから眺めた宜野湾方面。市街地のビルが見え、その奥が普天間飛行場です。



    この下を先ほどのアラカチガーラが左から右へ流れています。宜野湾の丘をどうやって越えるのかと思ったら、北中城インター付近から普天間宮の裏手を迂回して、北谷のアラハビーチあたりの東シナ海へ流れこむようです。

    ヒージャーヌトゥは、集落を出て行く人を見送る場所でもあります。徴兵され戦地に向かう若者は、この場所で見送りを受けました。新垣集落の最寄り駅(?)は軽便鉄道大山駅です。

    同じ場所から眺めた南上原方面。奥に薄っすらと知念半島が見えます。



    ここに立つと、新垣集落が崖の上の、更に高い場所にあることがよく分かります。

    例えば、ペリーの旗立て岩。(地元の呼び名はターチャーイシ)



    この岩は沖縄自動車道からよく見えます。那覇方面に走ると、中城パーキングエリアの手前の左手、思いがけず高い位置に、この巨岩があります。


    (3)ハンタ道

    ヒージャーヌトゥから新垣集落のナカミチを歩くとハンタ道に出ます。



    先月はここを下から登って来て、更に、次の坂道を登りました。ユムトゥビラ。



    坂の名前には何かの由来があるはずですが、ユムトゥは辞書にありません。それが、坂上のお宅の屋号が栄元(ユムトゥ)さんって(笑)。そんなん分かりませんてば。


    (4)綱曳き場

    ナカミチは綱曳きの会場になります。



    う〜む。綱曳き発祥の地。



    発祥の地って、それは沖縄の?。日本の?。まさか世界の?。

    え〜、新垣の?

    なんね?(笑)

    (続く)


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM