<< 季節のことば36選に選ばれた「なごり雪」 | main | 今日、広島原爆の日 >>

沖縄1935(1) 糸満の鱶取り名人

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    朝日新聞社の倉庫で見つかった戦前沖縄の写真

    その中に、こんな写真があります。



    糸満の鱶取り名人、上原亀さん(1880-1954)。身長は180cmを越えて筋骨隆々。一日に50匹の鱶(つまり、サメ)を獲ったそうです。高級食材のフカヒレ、蒲鉾の原料、サメ油などの需要が多く、当時の漁師は争って鱶を獲っていました。

    1935年(昭和10年)の写真ですから、この時、亀さんは55歳。いやぁ、男前です。てことは、鱶も女性も入れ食いだったんですかねぇ(笑)。いや、すみません。

    そして亀さんは、糸満の女傑三羽ガラスの一人で金城商事の創業者金城カネさんのお父さんだそうです。人口が少なく世間が狭い割に有名人が多いから、繋がるんですよね。沖縄では。


    さきほどより少し引いた写真があります。



    ここで、鱶取りのお勉強です。

    亀さんが担いでる漁具は手前が鱶延縄の幹縄、奥が枝縄だと思います。布のようなものはサバニの帆でしょうか。

    サバニで沖に出て、まず魚を釣ります。魚の種類は問わないそうで、ブツ切りにして海に撒き、血の匂いで鱶を集めて延縄を繰り出します。

    沖縄各地の漁港で頻繁にサメが捕獲され、ニュースになりますが、あれは魚の血の匂いにサメが集まってるってこと。だから、漁港で海に飛び込むのはサメの餌になるようなものです。


    延縄に掛かった鱶は、このように銛(ウーギン)で刺します。



    先端に返しが無い銛だそうで、鱶をサバニに取り込む前に弱らせることが目的だと思われます。


    ところで、サバニは漢字で書くと鱶(サバ)舟(フニ)。ウチナーグチで鱶、あるいは魚類をサバと呼びます。サバニの語源は確定はしていないようですが、鱶舟を当てることが多いので、かなり有力な説として認められてると言えます。


    あまりにもプライベートな写真なので掲載は控えましたが、亀さんとその一族が集まった写真がネット上にありまして、そこに確かに金城カネさんが写ってました。

    私の中で、糸満の上原さんと言えば(りんけんバンドの)上原知子さん。その写真に知子さんがいないものかと探しました。だけど考えてみれば、亀さんが健在の時、知子さんはまだ生まれてないのでした。

    しょうもないオチですみません。


    コメント
    この写真は、沖縄タイムスでの展示会で見ました。何度か「フカ採り」の場面に遭遇しましたが、胃袋から船員手帳が出てきた話しがありました。持ち主は、どうなったのでしょう???

    リンケンさんと智子さんが初めて会った日の事を某氏から聞きました。あれは、松山の某有名飲み屋さんでの出来事でした。
    我が家に本物の「唐針」(羅針盤)があります。中国の天文台のお土産品で買いました。
    本物なんだけど大切に保管しています。
    • NAO
    • 2017/08/05 10:35 PM
    糸満には、鱶に襲われて手や足を失った漁師が多かったそうです。命の危険がありながら、それでも鱶を獲ろうとしたのですから、稼ぎが大きかったってことですね。
    • coralway
    • 2017/08/05 10:42 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM