<< 色々教えてくれてありがとう | main | 沖縄1935(3) 糸満前端の路地 >>

沖縄1935(2) 山巓毛(サンティンモー)からの眺め

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    糸満の山巓毛に来ました。ここは糸満の重要な拝所であり、ハーレー到来を告げる鉦(かね)を打ち鳴らす場所でもあります。



    見下ろせば、糸満ロータリー。




    何故、ここに来たかと言えば、沖縄1935 のこの写真。



    朝日新聞の記者が山巓毛から撮ったと言うのですから、それは私にとって、山巓毛に来いと言われたも同じです(笑)



    記者の写真では、スージの先が直ぐに船溜り。今はその場所は埋め立てられ、少し先がハーリー会場の糸満漁港。手前の樹木が当時は無かったり、種々勘案すれば、記者の写真に見られる、スージ左側三軒続きの赤瓦のうち、真ん中の一軒が現存しているようです。


    次に北西方面。



    その82年後。



    わかりませんてば(笑)

    右手に白銀堂の森が見えてまして、手がかりはそれだけ。

    記者の写真に見える島が「アナギ」。1958年の写真が糸満市のホームページにありました。



    干潮時には干潟となり、潮干狩りができたようです。アナギまで歩いていけたんですね。この写真、島の向こう側(沖)から撮ってるでしょ?

    アナギは、今の写真奥に見えるマンションあたりにあったはず。


    今も島の一部がありました。おいたわしや。



    なんと言えばいいのか。言葉がありません。




    糸満の海岸がこんなにも広い干潟だったとは、今回初めて知りました。干潟という干潟を片っ端から埋め立てて、得られたものは何?、失ったものは何?

    「沖縄に干潟がある→埋め立てる」と「カエルの前に蝿がとまる→パクっと食べる」の思考ロジックはほぼ同じです。沖縄県は埋め立ての損得勘定が合ってると、胸を張って言えんのか?


    沖縄1935シリーズ。断続的に続きます。はず(笑)


    コメント
    赤瓦の屋根が沢山並んでいますが
    当時の「お金持ち」の街並みです。
    金持ちしか瓦屋はつくれませんでした。
    私の家も同時期(150年程前)に作られましたが、
    当時のお金で”20円”かかったとの事でした。
    少し自慢話しをすると
    この写真の瓦屋根は、真っ直ぐですが
    おおお金持ちの家は、屋根にもデザインを付け
    て意味もなく、枝屋根を付けていました。
    子供頃屋根に上って遊ぶのが冒険でしたが
    見えたのは、伊江島に爆撃演習する米軍機でした。
    時代と場所がわかりますか

    • NAO
    • 2017/08/08 6:55 PM
    このスージは町端区に9本ならぶ門小の一つで、鍛冶屋門小。追い込み漁を専門とする一族が住んでた(住んでる)そうで、瓦屋根の数は他の門小より多かったようです。
    • coralway
    • 2017/08/08 7:41 PM
    当時とては、二階建て家(にーけーやー)と言うのは大変珍しいものでした。
    私は、1軒しか見た事がありませんでした。
    台風の事もあり二階家を作る事をしなかった事
    敷地が広いので二階を建てを作る必要が無かった。
    糸満は都会なので敷地を確保する事が出来なかったのでしょうか?
    それとも金持ちのステータスで作ったのでしょうか?
    瓦屋は、漆喰で固められています。(風への重し)
    首里城もそうですが、欠点は、雨漏りする事です。
    屋根が白いのは、最近、補修作業をした家でしょうか?
    懐かしく見ています。雨どいがあって天水を貯めて飲み水にしていたはずです。

    • NAO
    • 2017/08/08 8:25 PM
    ども〜!(^^)/
    Cさん・・・これは素晴らしい。
    あの朝日新聞社の写真を見れば、誰だって現在の様子はどうなっているのか見たいと思うでしょう。
    ん〜・・・感動です。 A( ̄□ ̄;)
    NAOさんのレスも何とも嬉しく思います。 (^^)/
    • JJ花咲
    • 2017/08/08 9:22 PM
    連続のコメント失礼します。

    電柱があります。2線式の低圧配電ですから
    電圧は、70V〜80Vではなかったでしょうか。少し暗いです。
    隣が電気を使うと更に暗くなります。TVはまだありません。

    コンクリートのブロック壁もありますが
    当時コンクリートは、高級品です。
    コンクリートブロク塀があると言うだけで金持ちの家の証しなのです。
    当時は、鉄筋ではなく”竹”を中に入れていました。錆びないので長持ちするのです。
    我が家には、120〜130年前のコンクリート製(竹入り)の墓が残っています。

    • NAO
    • 2017/08/08 9:30 PM
    竹筋コンクリートですか。初めて聞きました。割竹を編んだ土壁は各地にありそうですが、理屈は同じなんでしょうね。
    • coralway
    • 2017/08/09 7:34 AM
    竹を使ったのは、お金が無かっただけ
    鉄筋は、錆びると膨張してコンクリートが破壊されます。
    海洋博の頃作られたコンクリートは塩分が多く長持ちしませんでした。
    竹を使った事で錆びによる金属膨張が無くなるので100年単位で長持ちするだしい。
    でも強度は、それなりと言う事かと思います。
    お墓を新築する予定ですが、なかなか壊れないのでいつまでも改築できません。
    私が生きている間には、壊れないと思います。
    • NAO
    • 2017/08/09 10:51 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM