<< 沖縄1935(2) 山巓毛(サンティンモー)からの眺め | main | 糸満バスターミナル再訪 >>

沖縄1935(3) 糸満前端の路地

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    沖縄1935に載っているこの写真。鱶取り名人、上原亀さんのお宅(現存)の前の路地だそうです。



    沖縄を訪れた朝日新聞の記者が、糸満の風景を撮ろうとウロウロしてたら、たまたま着物姿の女性が現れたので「ちょっと撮らせて下さい」と言ったら、「どーぞ」と。

    絶対にそんなはず無いと思うのであります。

    そして、もう一枚。



    傘に「ミス」。何度見ても「ミス」。

    あれですかね。ナイチから記者が来たのでミス糸満を呼んで、スナップを撮らせたんですかね。つ〜か、昭和10年にミス糸満はいたのかな?

    あるいは、亀さんを取材したら「私の姪はカーギが良いから、撮っていきなさい」と言われたか。

    そこら辺は考えても分かる気がしないのでほっといて、写真の場所を探しましょう。


    亀さんは糸満の前端(マエハタ)に住んでいました。

    現在の前端区の境界がこちら。



    これだけの範囲の路地をしらみ潰しすることはかなり骨が折れます。そこで、埋め立て地をバッサリとカットします。糸満公設市場の界隈も古いとは言え成立は戦後ですから、ここもカットできます。すると、糸満漁港東岸のラインを真っ直ぐ南に下ろして、そこから東を探せば良いことになります。そこが旧前端で、前端の中の前端です。


    「前端公民館かそこらの人に、亀さんの家を聞けばすぐわかるじゃない」

    だから。それは私の「美学」が許さないのよね。写真をよく見て何とか手がかりを探すとかして、目的地にたどり着くまでのプロセスが大切で、かつ楽しいわけよ。

    ピンポイントでその場所に着いたら楽でいいけど、失うものも大きいってこと。


    よっし!!



    見つけました。



    私は記者の位置に立ちましたが、路上に美女はいません(笑)。

    沖縄1935の脚注では、石塀は両側とも港川石になってました。左手の石塀は間違いなく琉球石灰岩。ところが右手はコンクリートなので、当時の石塀ではないようです。


    琉球石灰岩と、



    コンクリート。



    違いは一目瞭然です。


    「で、そこに立って何やのん?」

    だから、現場に立つことは大切なのよ。沖縄1935のすべての写真を見た私より、それぞれの現場に立った私の方が、理解度は断然上と言えるでしょう。そして、繰り返しになりますが、色々調べながら現場に立つことが大切です。

    こいつ(私)、上手く見つかったものだから、言うことが偉そうです(笑)


    私もここに立ちたいと思われた方。メールをいただければ、場所をお知らせします。糸満ロータリーからの道順はひとことで説明できて、超簡単です(^o^)/


    コメント
    Cさんすごい、よく見つけましたね、さすがです。

    私は沖縄1935の写真で上原亀さんとこちらの女性が忘れられません、本当に美男と美女、素晴らしい笑顔です。

    ウチナージラーではないような顔立ちですがどうなんですか?







    • ひよこ
    • 2017/08/09 7:34 PM
    フフフ。どうもありがとう。記者より私のほうが背が高かったみたいで、もう少し低く撮れば良かった。

    この女性がナゾなのよね。最初の写真だとナイチャーの雰囲気だけど、アップにするとウチナーンチュに見えます。「ミス」って何かね(笑)
    • coralway
    • 2017/08/09 9:26 PM
    ども〜!(^^)/
    >Cさん・・・ナイス!!!
     (* ̄▽ ̄)//"" パチパチパチパチ〜♪
    • JJ花咲
    • 2017/08/09 9:36 PM
    ウッス!!(^-^)v
    • coralway
    • 2017/08/09 9:54 PM
    こちらでも論議になりました。
    「ミス」さんではなくて「スミ」さん
    澄子さんではないかとの意見がありました。
    読み方が逆であった事
    当時は、子をあまり使わなかった。

    「すみ」さんではないか?
    • NAO
    • 2017/08/09 10:56 PM
    スミさんですか。だけど、名前を下から上には書きませんよねぇ。
    • coralway
    • 2017/08/09 11:04 PM
    この写真を見て気付くのは、この方はお金持ちである事がすぐにわかります。
    なぜて
    「唐傘」を持っているからです。
    唐傘は、金持ちの家にしかありませんでした。
    蓄音機もそうです。自転車も。
    高下駄など、今考えると生活用品ですが
    当時は、これを持っている家は、村に1軒しかありませんでした。

    なぜ知ってるのと聞かれそうですが。
    我が家には、全てそろっていました。
    • NAO
    • 2017/08/09 11:07 PM
    >もう少し低く撮れば良かった、、、   Cさんの美学を感じます^^ 
    現場に立つまでの過程を楽しみ、現場で当時をしのぶ。写真は同じ位置から撮る^^
    いやあ、楽しそう

    ストリートビューで気づくのは、旧331号線の海側にはないが、陸地側にはスージグヮーが一定の間隔であります。楽しいのは人一人がやっと通れるスージグヮーの所に横断歩道が位置しています。向こうからわらわらと子供達が出てきそうです^^ 埋め立てたとこは何の面白みもありませんなぁ、、、
    • うちなーんちゅ
    • 2017/08/10 9:01 AM
    うちなーんちゅさん

    凄い!!。それ大当たり。いやぁ、驚いたな。
    • coralway
    • 2017/08/10 9:22 AM
    綺麗なお嬢様の後ろに通信線の様なものが写っています。
    これがとてもきになります。(職業病)
    1本ですから電力線ではありません。
    電話の線にしては、太いのですが
    近くに逓信省の郵便局か警察所がありませんでしたか?
    1本の線でも通話は可能です。
    当時、一般家庭に電話などないはずです。
    何でしょうか?
    • NAO
    • 2017/08/11 8:32 AM
    NAOさん

    この路地は糸満ロータリーのすぐ近くですから、当時の公的機関はいずれも近所にあったんではないでしょうか。

    以降、それらは埋め立て地などへ移転してますから、この近くは民家ばかりです。
    • coralway
    • 2017/08/11 9:22 AM
    更に気になる事

    ブロックの積み方が互い違いになっています。
    昔しは、その様に積みました。
    この積み方だと必ず1/2の半端が出てきました。
    最近(30年程前)から直線で積みます。

    何故、そうなったのか、左官屋さんに問い合わせています。

    職業病と言いますか、私の視点は、少し違う所にあります。
    なぜなんだろう。?
    • NAO
    • 2017/08/11 10:34 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM