<< 糸満バスターミナル再訪 | main | 胡屋を読み間違えてコザになったって本当か? >>

山の日にダラダラと働く

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    山の日の今日も某青果店は営業中であります。

    国際通りからマックスバリュ牧志店に抜けるスージに面したお宅。気持ちの良い朝7時。



    保育園はお休みなので、どれだけダラダラと仕事をしても、今日は午前中で終わりです。

    てことはですね。「昨日フル稼働しておけば、今日は休めたのではないのか」と建設的な意見もございましょう。

    ところが、真夏の沖縄でフル稼働なんて、決してやってはいけないこと。「集中しろ」とか「ヤル気を出せ」とか「気合だぁ〜!!」なんてのは状況判断ができてない人が言うことで、賢い人はダラダラ仕事をします。


    市場を歩く時も、シャキシャキ歩かず、フラフラ歩いて吉。と思ったらカマボコ屋のトモコオバぁに呼び止められました。

    「え〜、何してる。こんな日に歩いてるのはアンタぐらいだよっ!!」

    ちょっとだけユンタクすることにして、昨日、自宅の外階段に2、3時間いて、熱中症で亡くなった40代男性の話になりました。

    トモコオバぁの話は長いので、要点だけを言いますと、

    (1)お亡くなりになったことは残念だが、まず、用心が足りない

    (2)次に、「そろそろ危ないかな」と気付かない

    (3)結論を言えば、そんなことで沖縄の夏は乗り越えられない

    というもの。

    まったくその通りではありますが、自分だけが庇の陰にいて、背中から扇風機の風を受けておきながら、私を日なたに立たせるなと言いたい。「こっちに入って冷たいチャーグヮでも飲みなさい」と言いなさい。


    もやし屋に明日の注文をして、再びフラフラと店に戻ろうとしたところ、隣の菓子屋はエアコンが効いてて快適だってことに気付き、菓子屋に寄りました。

    C「向かいのエサ投げオバぁが引っ越して、毎日が気持ちええな」

    娘「ほんとですよ。猫も少なくなって良かったです」

    C「先週、子猫が3匹産まれてたけど、2、3日見ないな」

    娘「あっ、気付いてました?。誰かがもらってくれのかな。それなら良かったけど」

    C「子供を産むのはええけど、ちゃんと育てられるかどうか。それを考えれと言いたいわ」

    娘「向かいにいたお婆さん、時々、猫の様子を見に来てるんですよ」

    C「また、そんな。そんなら連れて行けよ」

    娘「道路の猫の他に、お家でも飼ってたんです」

    C「えっ!?。それは知らんかったわ」

    娘「その猫を置いてって、その様子を見に・・・」

    C「うわぁ、最低やないか」

    娘「でしょ。ほんと無責任」

    C「う〜む。今井絵理子、上原多香子」

    娘「プッ!!。何ですかそれ(笑)」


    つ〜ことで、モヤシの注文は30分で完了しました。はい、この調子、この調子(^o^)/


    コメント
    置いてった〜!
    許せません!!
    • ikoka
    • 2017/08/14 3:27 PM
    愛猫家としてニセモノだったのは明らかだったんだけど、それどころか、公園で猫を虐めてる連中と同じだったってことよね。
    • coralway
    • 2017/08/14 3:49 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM