<< コザの散歩(1) コザ十字路 | main | コザの散歩(3) コザ十字路絵巻(その2) >>

コザの散歩(2) コザ十字路絵巻(その1)

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    一昨年、コザ十字路に完成した壁画「コザ十字路絵巻」。その全長は160mもあります。



    国道330号線の拡張工事により、銀天街最前列の店舗が剥ぎ取られ、その奥の建物の壁面が剥き出しになりました。しかし、無茶苦茶しますねぇ。そんなことしたら、銀天街が商店街に見えなくなってしまいます。


    ところが、そこを逆手にとったデザイナーが現れ、国道の拡張でツラが揃った壁に絵を描こうと思いついたんですよ。そのデザイナーの呼びかけに、東京の壁絵職人(ウォールアーティスト?)が応えました。

    素晴らしい。これは素晴らしいとしか言いようがありません。

    壁画プランは沖縄市に提案され、事業化が決まりました。デザイナーと壁絵職人の指揮の下、銀天街の若手から通りがかりの学生まで、多くの人達がこのアートプロジェクトに参画しました。


    それではさっそく、壁画を拝見しましょう。



    ガストの看板がオシャレです。「これはちょっと外しましょうね」などと言わないのがいいところ。

    左手には万国津梁の鐘。

    「琉球国は南海の勝地にして、三韓の秀を鍾め、大明を以て輔車となし、日域を以て唇歯となす。此の二の中間に在りて湧出する蓬莱島なり。舟楫を以て万国の津梁となす」

    鐘に刻まれた銘文が海洋国家「レキオ・グランデ(大琉球国)」の気概を示しています。沖縄県知事ならびに県庁幹部職員は、県庁応接室の屏風の前に立ち、毎朝これを唱和いただきたい。

    何でコザで万国津梁なのかについては、鐘の製作を命じた尚泰久王が、即位前に越来王子として越来グスクで暮らしていたことによります。まあ、ちょっとアレな気もしますが、若き日の泰久王は越来の地で、誇り高き琉球国王としての素養を醸成し、後に立派な鐘を作りましたということか?。


    このコザ十字路絵巻は琉球王朝の時代から現在に至るコザの歴史が学べるようになっています。尚泰久王は百十踏揚のお父さんですから、160mある壁画の右半分には護佐丸や阿麻和利、踏揚を背負った大城賢勇などが登場します。

    ある程度、沖縄の歴史を知っている人は壁画鑑賞の楽しみが倍増し、何のことやら分からない人には、歴史の勉強を促す仕掛け。一つ一つに解説はありませんから、そこは自分で調べなさいってことよね。パチパチパチ。


    おっ、危うく次に行くところでしたが、右手には鳥に乗る飛び安里。人類で初めて空を飛んだ男です。南風原の偉人として、常々、南風原町役場が自慢してますが、どうして彼がコザに?

    飛び安里の伝承にはいくつかあり、その一つは飛び安里が花火師であったとするもの。その花火師は越来に住み、そこから泡瀬の岩壁や南風原の高津嘉山に出向いてフライトしたんですね。あれまあ、それじゃあ南風原の偉人はウルトラマンだけになってしまいますが、どうするんだ南風原町役場。

    (続く)


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM