<< 降雪と台風 | main | 台風の誘惑 >>

恐怖のアフリカマイマイ

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    沖縄本島南部、南城市玉城の駐車場で見かけたアフリカマイマイです。

    カタツムリの仲間ですが、日本のカタツムリにに比べて桁違いの大きさです。20cmはあります。

    CIMG4644s.jpg

    名前の通り外来種で、戦後の食糧難の時期に台湾から輸入されました。

    寄生虫を宿している場合があり、人間に寄生すると脳炎を引き起こし、死に至ることもあるそうです。

    触ることはもちろん、このマイマイが這った後にも触れては駄目です。

    当然、駆除の対象なのですが、繁殖力が強く、なかなか完全には駆除できないようです。

    「沖縄には巨大なカタツムリがいる」と聞いていましたが、見つけて喜んでいる場合ではありませんでした。


    ところで、そんなものを何で食用にできたかと言えば、寄生虫が寄生しないように厳重に隔離し、養殖していたのですね。

    それから、沖縄では、そもそもカタツムリ(うちなーぐちで「ちんなん」です)を食べる習慣があったそうです。

    そして、戦後、食糧事情が好転すると、カタツムリを食べる習慣そのものが失われ、アフリカマイマイは放置され繁殖してしまったのだとか。

    観光客の皆さん、くれぐれも触らないようにご注意下さい。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM