<< 古謝の散歩(2) 古謝の井戸 | main | 古謝の散歩(4) ガンヤー、アガリヌシーサー、石ビラ >>

古謝の散歩(3) 御嶽の森

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    古謝集落のイーウガン(上御嶽)。一目見ただけで、これはもう御嶽です。



    ナイチでは神社を取り囲む森を「鎮守の森」と呼びますね。鎮守は村を守るという意味で、その森には神が降りて来る。沖縄の御嶽もそこは同じです。

    森の中の祠。母親の胎内にいるかのような感覚と、何者かに上のほうから見られている感覚。



    いきなりスピリチュアルに目覚めたかと言えば、そんなことはありません。しかし、この空間はいいわ(笑)


    こちらは、シチャウガン(下御嶽)。



    森と林の違いは面積や樹木の数ではありません。森を「広くて樹木が多い」と定義したら「原生林」を説明できませんからね。途中を省略して結論だけを言えば、神が降りて来るのが森で、降りて来ないのが林。だから、ここは森(笑)

    下御嶽の拝所へ上る石段。




    次はビジュル。霊石信仰の拝所です。



    アコウの大木の根が、宝珠が乗った祠をしっかりグリップしていました。




    お盆が近いことだし、古謝の御嶽をまわって神聖な気持ちになったかと言えば、やや違って懐かしい気持ち。かつて、下御嶽の近くには古謝初等学校があって、そこの生徒達が御嶽の森を背景に卒業記念の集合写真を撮ってたんですよ(載せないけど)。

    島を離れて思い浮かべる故郷の風景としては最高じゃないでしょうか。


    ナイチの鎮守の森は、村人が定期的に森の手入れをし、手入れが行き届いた森ほど神が降りて来ると信じられていました。間伐した材木は燃料として使い、神社の修理も自前の材木で事足りたようです。

    鳥や虫が集まり、森が保水した雨水は養分を含んで少しずつ川に流れ出し、その水を田畑に使い、と、まあいいことばかりだったわけです。

    ところが最近は、「ちょっと道路をひろげましょうね」と森を削り、神社の修理費を稼ぐために「ここは木を抜いて駐車場にしましょうね」などと、経済合理性が優先される風潮にあります。沖縄の御嶽も状況は同じでしょう。

    今の小学生も御嶽の前で卒業写真を撮ればどうでしょう。進学や就職で島を離れても、やがて島に帰って来た時、御嶽を粗末にできない大人になっていると思いますよ。

    (続く)


    コメント
    あ〜〜い〜〜わ〜〜^^ 名言3つみつけました


    母親の胎内にいるかのような感覚と、何者かに上のほうから見られている感覚。


    神が降りて来るのが森で、降りて来ないのが林。


    島を離れて思い浮かべる故郷の風景としては最高。


    いーーすねーー^^ メモっときます。
    ところで私は小さい頃母方の祖母(首里ん人)に よそのウガンジュ(拝所)にはいかんよー!まぶいうとぅすんどー、とよく言われました。首里ではいくつか決まった拝所に行ってたのか、と思っていました。拝所には独特の空気感がありますよね。Cさん、もっと拝所巡りして下さい。画像から少しでもその空気感に触れれる気がします。
    • うちなーんちゅ
    • 2017/08/30 11:34 AM
    お祖母さんのおっしゃることが正しいのだと思います。私もいつかはマブイを落とすことになりはしまいかと心配です。

    石ころ一つも触らないとか、入らせていただく気持ちとか、そんなことを考えて、言い訳しつつ写真を撮ってます。
    • coralway
    • 2017/08/30 12:06 PM
    ずばり
    マブイグミーした方が良いと思う。
    「まぶやーまぶやーううてぃくうろやー」
    プロのカミンチュにお願いすると3万円取られます。
    私は、有料でやってもらったけど、良い子になれませんでした。
    • NAO
    • 2017/08/30 7:04 PM
    マブイを落とすことがあればそうしましょう
    • coralway
    • 2017/08/30 7:11 PM
    こんなにも「うちなーちゅ」よりも感謝と礼節をもって「うちなー」に接し愛する人の「マブイ」を落とそうなんて思う「ウチナーの神様たち」は、いないと思います。



     いつも知らなかったことを教えて頂いて、
    ありがとうございます。
     
     このブログのことは、今やナニが役に立たないのに、エロサイトを覗き見ている前期高齢者のムノーシラン友人たちに首里・道・グスクの事を「ブログを読んで勉強するように!」と伝えています。

     
    • へそまがり
    • 2017/08/31 8:34 PM
    いや、もう、ありがとうございます(泣)
    • coralway
    • 2017/08/31 8:54 PM
    へそまがり様へ

    同感です。ありがとうございます。
    • うちなーんちゅ
    • 2017/09/01 8:36 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM