<< 首里汀良町の十五夜獅子舞(1) | main | 栄町市場「おばぁラッパーズ」 >>

首里汀良町の十五夜獅子舞(2)

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    首里汀良町のクンディ森(公民館前広場)の獅子舞会場は超満員。



    やっとのことで舞台袖にスペースを確保しました。



    上空には、十五夜には4日早いものの、それなりの大きさの月が出てました。


    沖縄の獅子は全身毛だらけで、布を被せるナイチの獅子とは異なります。この体毛は芭蕉の茎から取り出した繊維で、頭部の木材はデイゴです。



    舞台には獅子と鉦打ちだけ。もちろん鉦に音階は無く、強弱とテンポ。舞の演奏としては実にシンプルですが、まったく必要充分で、獅子の舞に集中できます。

    鉦の音は獅子と観客に高揚感を与える一方、「何か良からぬモノが現れる」ような不安な気持ちにさせますね。

    そして、舞が佳境を迎えると、獅子が舞台を踏み鳴らす音と舞台袖からの指笛が加わります。

    ええわぁ〜(笑)


    この日の獅子舞は「三角」、「毬喰い」など6つの演目を青年(大人)と子供(小中学生)がそれぞれに演じました。

    静止の状態から始まり、吠えまくり(吠えないが)、



    暴れまくり、



    そして、静止。



    また吠える。




    私の横にいた男の子が怯むんですよ。吠えられて怯み、睨まれてまた怯む(笑)

    首里汀良町の獅子舞はシーシケェラセーと呼ばれています。ケェーラスンは「ひっくり返す」ですから、それほどに動きが激しいということ。

    その激しい動きの後にピタッと静止され、グッと睨まれるとオッサン(私)も怯みました。

    楽しかったわぁ。


    月ぬ美しゃ
    十日三日、美童美しゃ十七つ
    ホーイチョーガ


    コメント
    ども〜!(^^)/
    てしらじ・・・首里汀良町の獅子舞は見ていないです。
    ん〜残念。/( ̄へ ̄;)
    首里の街の静かな空気が懐かしい。
    月も煌々と輝き、良い観月会でしたね。(^^)/
    • JJ花咲
    • 2017/10/01 7:40 PM
    観てなくて残念とコメントいただいて、こんなことを言うのもナンですが、これまで観た中で獅子舞で一番だったかもしれません。

    獅子の舞だけでなく、静かな住宅街、明るい月、屋外の舞台、満員の観客、すべてが良かった。

    機会があれば是非に。
    • coralway
    • 2017/10/01 7:57 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM