<< 島袋洋奨!! | main | sqbのブログ >>

この爺さんには呆れてモノが言えんな

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    沖縄ではそれなりに有名なドキュメンタリー作家がいまして、その爺さんは農連市場内のアパートに住んでました。

    農連市場の再開発が決まり、市場の皆さんが渋々ながらも賛成した時期に、この爺さんが再開発差し止めの訴訟を起こしたんです。

    そして、爺さんの訴えは瞬殺で退けられました。

    以前に投稿しましたが、この爺さんは市場の地権者でもなく、商売をしてたのでもありません。だから、農連市場の再開発に反対する動機が不明で、私の印象としては単なる目立ちたがりではないのかと。


    さて、農連市場の再開発に伴い、権利者住宅(地権者などが入居するマンション)が完成し、既に入居が始まっています。



    で、その爺さんもこのマンションに入居したとのこと。

    うへぇ〜。

    まあね。成田空港の建設に反対していた人でも、渡航の際に空港を使うことがあるでしょう。沖縄モノレールの建設に反対していた人でも、モノレールに乗ることがあるでしょう。

    それにしてもねぇ。

    爺さんの裁判には各方面から募金が寄せられたようですが、募金した人達も「まあ、しゃない。条件に合うのなら入居したらいいさ」と思ってくれてるんでしょうかね?

    一応、目立ったから、それはそれ、これはこれってことなのね(笑)


    コメント
    この禿爺は暇こいて県立図書館で本を広げて読んでますよ。
    募金貰って暇三昧。
    後世に残る文献を書いてみろハゲェ〜といいたい。
    ああ、確かに図書館でよく見かけますね。

    訴訟のお仲間が地権者で、その地権者が権利者住宅に入居し、そこに居候だそうです。

    ほんまハゲェーですわ、この二人。
    • coralway
    • 2017/11/09 7:47 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM